ヤスです。
(*´ω`*)




SBIの北尾CEOが、

コインチェック
のことを、

「カスの中のカス」
と表現して大激怒した話は有名ですが。



参考記事 ASCII.jp(1/26)

http://ascii.jp/elem/000/001/624/1624722/




「カスの中のカスの、さらにカス」
は、

日本のみなさんが
信頼しきってやまない、

「大手メガバンク」

だとご存知でしたでしょうか?



銀行に預けておけば安心。

これがすでに否定されていることを、

知らないといけません。




コインチェック事件で世間は大騒ぎですが、


本当に、マスコミは、何も知らんというか、


意図的に、

新しい技術であり、

話題も事欠かない、

若くして億万長者を大量に作り出した
仮想通貨だから、


ニュース性だけで叩きたいだけなんじゃないかと。



仮想通貨は、もっと規制が必要だ!

という声が大半を占めている中、


仮想通貨を叩く前に、

大手メガバンクを叩きまくったほうがいいですよ。



本当は、メガバンク銀行のほうがもっと安心できない、という

トンデモナイ事実がバクロされています。



https://twitter.com/take_off_dress/status/961805583832592384?lang=ja


メガバンクは毎年、コインチェックの6倍盗難されているのに揉み消している






須田慎一郎さん
といえば、

人気テレビ番組

「そこまで言って委員会」の、

レギュラーコメンテーター、
でも有名ですね。



「真相深入り虎ノ門ニュース」


という番組内で、須田さんがバクロした話は。



要約するとこういうことです。




須田慎一郎
「ネットバンキングは
金融業界・マスコミでタブーで報道されないが

メガバンクは年間3000億盗まれてる。

グループの保険から補填するから表に出ない

武田邦彦
「制度上の欠陥を預金者が払い金利が下がる」


「補填され被害も出ないし大パニックになるから伏せてる。
セキュリティーが古い」





大手メガバンク、と言えども、


インターネットオンラインバンキング、の

システムというのは、


10年以上前から、ほとんど変わっておらず、


利用者のほとんどは、

セキュリティについて考えたこともない、

ド素人ばかり、なので、

最低限必須の2段階認証システム、

すら理解していない人も多く。



年間で3000億円以上

(コインチェックの6倍以上、1つの銀行で)


盗難されまくっているのに、


なんと、


同じメガバンクのグループ企業の

保険会社が、

損失を補填しているので、


表沙汰にならないだけ、


マスコミも、

パニック騒ぎになるので一切言わない、




という衝撃の事実が発覚しています!!



コインチェックのことを、問題視する前に

銀行を先になんとかしろよ、と


言わないといけないんですが、


知らないから、誰も言わないですよね。


無知とは恐ろしい。




仮想通貨=危険

メガバンク=安心




これが実は、真逆であることを、


本当はよく知らないといけないです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


参考記事

【そのナも!ドラゴンウォレット】そこまで言って委員会・須田慎一郎氏が、ちょっとだけ明かす!!




須田慎一郎さんが、

こんな話題を出すのは、


単に、


日本の銀行が問題だ、ということだけを指摘

するのが目的なのではなくて、


その問題を解決する画期的な技術、製品が、

実は日本からすでに生まれていて、


銀行のセキュリティ問題を解決する突破口を開く


そういう糸口が見えていて、

知っているからこそ、


こういう話題を出して問題視することが出来る。


実は、単なる無責任発言、ではないんです。



私も実は関わっている、

最強セキュリティ・ウォレットのプロジェクトなんですが。


世界中の銀行が、すでに注目していて


まだ世の中にハッキリでていないのにも関わらず


日本では誰でも知ってる
大手メガバンクの◯◯◯銀行

とか、

◯◯◯◯・・・銀行


海外では、△△△の銀行、など

超有名所の銀行が目をつけているということで。




あ、なんと!!







あー、まだ言えない。


おそらく。

銀行のセキュリティのシステムの一環として

今後採用されていく、ということを

聞いていますが

最強セキュリティ・ウォレットの技術を使っていることを

まったく意識せずに、

最強セキュリティ・ウォレットだということも

知らないうちに浸透していて、


何気なく、そういう便利なものができたんだね

という感覚で、みなさん使われるようになると思いますよ。



そうなったときに、


コインチェックのような事件も、

メガバンクも、


「カス」呼ばわりされなくて済むようになると

思います。


すでに新潟で開かれた学会で、

論文発表があり、製品も登場してお披露目され、

かなりの好評だったことから、


今年の前半が勝負、になると思います!!





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


最新の情報をいち早くお届け。


「THEマイニングコインタイムス」

週3日「朝刊」で、情報を提供しています!

メールマガジン登録はこちらからどうぞ!




ここまで読んでいただいて、正しいと思われたら、

毎日メールにて情報配信しているので、

下記リンクより、登録してくださいね。



※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。





http://form.os7.biz/f/e793ff9f/





記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。