タグ:デジタルカレンシー

デジタルカレンシーのタグが付いた記事一覧。当ブログは、金欠病と、しあわせ不足病に効果アリ!

ホンモノ情報商材
ヤスです。(*´ω`*)ベネフィットクレジットコイン、で検索すると、ベネフィットクレジットコインは詐欺ですか?と書かれているページが見つかります。ハッキリいって、怒ってます。日本では、仮想通貨の法律が、4月から施行になっています。しかし、この法律は、いまだ、未完成の部分が多く特に、税金の取り扱いなど、決まっていないルールも多く存在します。将来的には、仮想通貨を全面禁止、という法律に、変わってしまうかもし...

記事を読む

ビジネスマインド編
ヤスです。(*´ω`*)今年のコレ以降、仮想通貨の話題が、出てこない日は無い、というくらい、毎日ホットな話題が、続出ですよね。期待しないほうがおかしいです。当方の運営しているコミュニティに、仮想通貨全般に、非常に詳しく、かつ、ネットワークの広い人に参加してもらえたおかげで、毎日絶好調で盛り上がっていまして、常に最新情報に触れられるということは、チャンスがどんどん広がる、という意味で、とても有り難い環境が...

記事を読む

ホンモノ情報商材
※追記:5月14日午後5時現在:1コイン7.13円最高値、記録更新中です。ヤスです。(*´ω`*)他のベネフィットクレジットコイン関連記事はこちら。今日は、記念日ですねぇ〜。昨年から、情報を追い続けていた、ベネフィットクレジットコイン。ついに、2017年5月1日(月)、グランドオープンを迎えました〜。と言っても、ドハデなオープニング、ファンファーレぱんぱかぱーん、価格上昇ドカーン、というのを想像していた方もあるか...

記事を読む

ビジネスマインド編
ヤスです。(*´ω`*)日本経済新聞5/2紙面に、仮想通貨の取引所の話題が、1面トップ掲載されていましたね。SBI、GMOグループ、カブドットコム証券関連会社ゾクゾク名乗り記事によりますと、今までは、個人や、規模の小さな会社が雨後の竹の子のごとく、仮想通貨を勝手に発行するとうたっては、お金を集めまくって実際にはできませんでした〜、と言って破綻し、逃げてしまう詐欺案件がたくさん事案発生していましたが、2017年4...

記事を読む

ホンモノ情報商材
ヤスです。ヮ(゚д゚)ォ!今日は、超興奮の赤!何しろ、スゴイことを聞いてきたよ。ベネフィットクレジットコインとは・・・私の地元で、クレジットコインの実質的総責任者の人が、セミナーを行うということで、参加してきましたよ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー仮想通貨(もしくは暗号通貨、ともいう)が、非常に注目を集めていますね。そして、2017年は、まさに日本における仮想通貨元年、となっており、仮想通...

記事を読む

ホンモノ情報商材
ヤスです。(*´ω`*)以前からマークしていました、極上オススメの、仮想通貨ベネフィットクレジットコインですが、関連記事こちら。【驚愕、日本最強】事実上、日本で仮想通貨=クレジットコイン、に。その驚愕のワケは。さらに、進展がありましたので、オシラセしますね。ベネフィットクレジットコイン、ついに消費税が非課税に!これは、どういうことか、おわかりでしょうか。既報の通り、2017年4月から、日本では、仮想通貨...

記事を読む

ホンモノ情報商材
※追加記事書きました。よかったらこちらもどうぞ。【驚愕、日本最強】事実上、日本で仮想通貨=クレジットコイン、に。その驚愕のワケは。ヤスです。(*´ω`*)今日は。約1年前くらいから、存在を知っていた、ある、仮想通貨のオハナシです。ネット上では、中身を全く確認もせずに、情報を知らずに上辺だけを見て、勝手に批判するブログがイッパイ出回っているので、先に言います。「買ったよ。」2009年に、ビットコインが出た...

記事を読む

検証中の商材
ヤスです。ლ(´ڡ`ლ)最近、ある人から、こんな話を聞きました。というより、ネット上にも同じような、話は、いくらでも流れているので、知っているよ、聞いているよ、という人も多いかもしれません。問題は、だから、ドウスル、という話になるのか、ですよね。日本は5年後に破錠するのか?2021年Xデー説関連記事こちらもどうぞ。【THEホンモノタイムスより】あと3年後2020年に日本は破綻するのか?最近、こういう話題を持ちだ...

記事を読む

BCCで救える命がある。ホントのハナシ。(ベネフィットクレジットコイン)

ヤスです。
(*´ω`*)



ベネフィットクレジットコイン、で検索すると、

ベネフィットクレジットコインは詐欺ですか?

と書かれているページが見つかります。


ハッキリいって、怒ってます。




日本では、仮想通貨の法律が、4月から施行になっています。


しかし、この法律は、いまだ、未完成の部分が多く


特に、税金の取り扱いなど、決まっていないルールも


多く存在します。



将来的には、


仮想通貨を全面禁止、という法律に、変わってしまうかもしれません。


未来のことは、まだ、誰にもわからない。

ただ、今現状、こういう流れがあるから、

総合的に判断して、

仮想通貨の世界は、将来はスゴイことになるでしょう。



日本だけ、仮想通貨を全面禁止にすれば、

世界から、爪弾きにされ、除け者にされてしまいますから、


少なくとも、そういうことは考えられないので、

キチンとした信用のおける取引所を認定して、

その上で動く通貨は、認める、という今の動きは、

正しいと思います。


そして、国に認められた仮想通貨は、

お墨付きを得て、価値が高騰し、


認められなかった通貨は、価値が無くなり、

消えていく。


こういう流れは間違いないでしょう。



ベネフィットクレジットコインはどうなのか?







本来は、仮想通貨の取引所を、監視するのが金融庁。

しかし、金融庁といえど、

ここ1年ほどの間に、急に成長して、
目まぐるしく変わっている

仮想通貨の世界を、熟知しているわけではなく、


仮想通貨の大手取引所と連携しながら、
一緒になって

仮想通貨の取引ルールを、手探りで構築している
真っ最中だというのが、

事実ですね。



仮想通貨の法律は、


定義を決めて、存在することを認めたところまでは

良かったのですが、


では、税金はどうするのか、など、税法上の扱いは
まだこれから。

年末までに、運用ルール等は決まって、

各取引所を経由して発表されるでしょうが、

そういう、未知数のところが、

あまりにも多くある為、


現状は、期待先行で、みんな購入をしている
状況に変わりありません。


すべての、仮想通貨を取り巻く環境の整備は、

まさにこれから、でして、

2017年が仮想通貨元年、なのは、誰も異論がないでしょう。



今現在、関係各社によって、必死の努力が続けられている真っ最中で


その準備の途中の、もろもろの情報の一部だけを切り取って、

詐欺だ、という勝手な人が多いのも事実ですね。



私がメルマガ等でお伝えしているのは、


あくまでも、



私はこういう理由で買いました、

という事実と、


もし買われるなら、自己責任ですよ、

ということと、


買うときには、こういうところに注意してくださいね、


ということを、

ほぼ毎日メルマガで書いていますので、

ご存知の方は、どれだけ情報収集に
苦労しているか知っているはずです。


営業サイドの方々が、目標いくら、

ということを言われていることも知っていますが、


あくまでも、その通りになりますから、
買ってください、と言ったことは一度もありません。



これを読んでいるあなたが、購入したからといって、

私には1円も得にならないどころか、


ほしいけど買えない、という方の為に、


人数を集めて共同で分割購入するために、

一時立て替えをしてあげたりしています。


その金額、最大、一時1000万円超え。
未だに全額回収できていませんので、

自腹で建替え購入額、ハンパないです。


今日の事例ですけど、

ベネフィットクレジットコインは持っていたいけど、
今、借金だらけで、今月末までに借金のうち、
78万円を払わないと、

生活がもう出来なくて、夫婦二人でどうにもならなくなる、

八方塞がりで悩んでいます、


という方の相談がありました。


ご主人が病気にかかって、2年前から会社に行けなくなって
無収入。

奥さんも、その前から病気で働きに行くことが出来ず、

夫婦揃って無収入。


障害認定されているので、
2ヶ月に1度、2人まとめて28万づつが、
入ってくるのがやっとで、

共働きしている間に購入した家のローンの残と、
その他の経費もろもろが支払えず、

自己破産申請中の身で、

どこからも借りることも出来ず、

命さえも危ない、というギリギリの状況でした。



数か月前から、転売のネットビジネスもはじめて、

ようやく月10万円ほどの収入も得られるように
なってきて、

さらにクレコインの予約もしているので、

年末まで持ちこたえることが出来れば、

なんとか生き存えることができるのではないか、

という期待をしていたのですが、


収入もまだ思ったように伸びず、

借金が増える一方の、どん底の状況は間に合わず、

仮想通貨が値上りするまで、

待っていれば、死ぬより仕方がない。



3ヶ月前から、頑張っているのは知っているのですが、

そもそも、会ったことも無い、見たこともない。

電話で会話をしているだけの人に、

いくら困っているからということを聞いたからとはいえ

78万円も、自腹でお金を払って、
助けよう、というお人好しさんが、

この世に他にいるでしょうか?


その理由ですが。

ベネフィットクレジットコインBCCを、

この方は、先行予約という格好にして
私が建て替えて購入している分がありまして
(ただし、この立替分もまだ払ってもらっていません)


78万円が返ってこなければ、

私が確保しているBCCを渡さなければ、

それで十分、元が取れるから。
(本来は、それでも私が損しているのですが)


すでに時価総額が上がっている事実があるので、

78万円振り込んであげました。

(個人情報があるので一部モザイクしていますが、振込画面です)





また、クレコインクラブ株式会社のほうでも、

九州にある3つの子ども食堂を支援している活動もしていて、

感謝状が届いていて、その現物も私も見させてもらいましたが

社会貢献もキチンとされている会社です。




BCCの高騰のお陰で、

本当に困っている人を、助けることができる場合がある。




そこまで、私も、クレコインクラブや関連会社も、

一緒になって価値を最大限に上げるための努力が

なされているのに、


まだ詐欺ですか?


と疑う人がいるのは、悲しいですね。




7月1日、国から、正式認定の登録リストが
一斉に発表されたときには、


無責任発言をして、


本来なら安く買えたはずの人が、


自称専門家、に騙されて、

高くなってしまった価格でしか買えなくなったとしたら、

どう責任とるんでしょうね。



あくまでも自己責任で、やるのが投資ですので、


捨てても構わない、と思うくらいの範囲でなければ
なりません。






ここまで読んでいただいて、正しいと思われたら、

毎日メールにて情報配信しているので、

下記リンクより、登録してくださいね。



※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。





http://form.os7.biz/f/e793ff9f/




記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

仮想通貨全体は、ドウナってしまうのか?!大胆すぎる超希望的観測予測してみた。

ヤスです。
(*´ω`*)



今年のコレ以降、仮想通貨の話題が、

出てこない日は無い、


というくらい、


毎日ホットな話題が、続出ですよね。


期待しないほうがおかしいです。



当方の運営しているコミュニティに、

仮想通貨全般に、非常に詳しく、

かつ、ネットワークの広い人に

参加してもらえたおかげで、


毎日絶好調で盛り上がっていまして、


常に最新情報に触れられるということは、


チャンスがどんどん広がる、という意味で、


とても有り難い環境が整ってきたと、

感じております。



メルマガでも、みなさんにフィードバック

していきたいと思いますので、


読んでいるだけで、

コミュニティに参加しているのと等しい

情報が入ってくる、というワケ。



※ベネフィットクレジットコイン専用メルマガは

一番最後のほうで書きますね。


世界の仮想通貨の市場は、今後ドウナルか?





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、今、世界では何が起きているのか、

今日は、全体のオハナシをしていきたいと
思います。



3つのトピックがあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.GW後半からイッキに世界は動いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



日本でGWの最後のほう、

5月7日、に、何があったのか、覚えている方
ありますでしょうか?


まぁ、忘れている方が多いでしょうけど、


フランス大統領選挙の決選投票が、

あったんですね。



EU離脱派のルペン氏が、

最後まで結構善戦して接戦を続け、

結果はダブルスコアでEU残留派の
マクロン氏が勝ちましたけれど




イギリスやアメリカの前例があって


前評判をひっくり返して、EU離脱派が勝利したイギリスや

同じく前評判を覆して当選したトランプ大統領のように



最後までルペン氏が勝つ可能性があったので、


もし、フランスまでEU離脱、となれば、


EUは危機的状況の寸前にまで追い込まれ、

EUの通貨である、ユーロは暴落、

ヨーロッパ全体が崩壊。


ユーロ紙幣が、紙クズになる可能性だってあったのです。


フランスの人はもちろん、ユーロ圏の人たちにとって、


その危機感はハンパない。



人生をかけて貯めてきたお金が、
イッキに0になってしまえば、

家族もみんな巻き込んで、

一家心中さえしなくてはいけないことになるかも
しれなかったんですよ。




自分の持っている資産を、なんとか、ユーロ圏の国外に

ユーロではないカタチで、逃しておきたい


と思うのは必然の流れですよね。


金銀プラチナ、等の鉱物であれば、

お金持ちしか、手に出来ないですが、


仮想通貨であれば、一般庶民でも普通に出来るので、


大勢の人が、仮想通貨に資産を変えたのは

言うまでもありません。


一度、仮想通貨の魅力を知った人は、

不可逆的で、

もう2度と戻る、ということはありません。


それどころか、家族知人友人を誘っていくので

急激に市場が拡大することはあっても、

縮小することは考えられないです。



これは、パラダイムシフトです。

革命ですよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2.中国のビットコイン規制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今まで世界の仮想通貨市場を牽引してきたのは、

ご存知、中国人。

同じく資産が凍結される可能性が高い社会主義国に
済む中国人の危機感の高さは、


日本人が、のほほんとしているのと、対照的で、


毎日考えていることは、どうやって、中国から
資産を逃して、子孫に残してあげられるか。


その必死さは、日本人には理解できないでしょう。


今まではビットコインに変えてから、

米ドル等の資産に変えようとしていたのが、

人民元の価値を下げたくない中国政府が、

ビットコインの規制をかけようとしているので



今度は、ビットコインから、他の有望な通貨に

どんどん流れていく、という動きが始まりました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3.リップルが急騰
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今のところ、世界第1位の絶対王者はビットコイン。

ですが、

すでに1コイン20万円超えしていることから、

一般庶民には手が出にくいのと、

0.01単位とか、少額単位でも買えますが、

魅力は減少していますね。



世界第2位のイーサリアムが短期間に1000円台から
10000円台に上昇。


世界第3位のリップルコインが、3月までは1円だったのに

3月末で4円、GWには20円、数日前には50円



資産価値をすでに50倍にしてしまった人が
続出しています。


インドの第3番目の規模の銀行「アクシス銀行」が
リップルを金融システムとして採用した、


というニュース

(銀行の支店間送金がリップルになると、

 リップルの取引量が、億単位に跳ね上がる為、

 総取引総量が桁違いに跳ね上がる為)



新しくリニューアルされた、リップル公式サイト

https://ripple.com/xrp/


にもリップルの特徴が掲載されていますが、

ビットコインだと送金に1時間以上かかるのが


リップルだと4秒以内に、
国際送金完了することなどから、

銀行システムにも耐えられる設計なんですね。




日本でも

SBIバーチャルカレンシーや、GMOなど

知名度・信用度の高い会社が、リップルを公式
に扱うということで、


これらもリップルを激騰させている原因ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月からの仮想通貨の法律施行後、


予想を遥かに上回るロケットスピードで市場拡大

させている世界の仮想通貨市場。


トンデモナイことが起きてます。




約30年前の、1990年代。

日本の高度経済成長のバブル絶頂のときには、

1億総不動産屋、と呼ばれた時代がありました。



日本中の人が、日本中の土地を買い漁っては、

転売して利益を享受できた。


その波に乗った人は、多くの資産を構築できた。



20年前、バブル崩壊してから日本経済は
沈滞ムードがずっと続いて、


そんな時代があったのを忘れている人達が
大勢いると思いますが、


今度は1億2000万総仮想通貨時代に

これから突入すると思いますよ。



それどころか、世界の半分は仮想通貨時代。

世界30億人くらい総仮想通貨時代(笑)。



日本だけじゃないですからね。

世界を巻き込んだ、超バブル。



ここからは、私の勝手な予想です。

昨年11月ごろの、世界の仮想通貨市場は、

1兆3000億円くらい、と言われていました。

5月の統計では、5兆から6兆くらい、

と、半年で5倍から6倍に膨れ上がった、

と言われています。


しかし、前述のことから、

市場はどんどん膨張する一方で、


これまでの半年で6倍だとすると、

これから1年後、来年の今頃は、

60倍の利用人口になっているのではないか。

さらにそのあと1年後には、

600倍になっているのではないか。



今6倍なら、

6倍の60倍の600倍。


=21万6000倍(笑)




1コイン1円でスタートしたBCCも

1コイン21万6000円になる日も
近いかも(笑)


あくまでも勝手な話ですが、
まったく根拠が無いわけではなく、


今、ナナコやスイカ、ワオンといった、
電子マネーのように


仮想通貨のカードや、アプリなどが当たり前に
なって、


誰もが自然に通貨として使える時代がくるでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、ようやくBCCのほうのオハナシ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


世界全体が、仮想通貨当たり前の時代になるには、

クレコインカードのようなものの開発や、
スマホアプリ、あるいはスマートウォッチアプリなど

使い勝手の向上が欠かせません。


さっきの予想は、
そういう技術が追いついていくのが大前提なので、


そこまでではないかと思いますが、

10年間の単位であれば、

余裕でそうなりそうですね。



2007年にiPhoneが発表されて以降、

10年後の今、20代の人は93%スマホ保持。

全体でも70%近い人がスマホになっていますね。



すでにスマホ所持している人は、
情報が入りやすくなって広まるのが早いから、

仮想通貨の魅力が広まるのは、

10年とかからず、3〜4年で、

スマホの10年と同じようなことが

起こるのではないか、というのが私の予想です。



リップルがインドの銀行システムに採用されたように

おなじくリップルベースの技術で動いているBCCも

想定していて、


水面下で、もろもろの計画がすでに複数同時進行中、


(実際に、ある計画を聞いているのですが、

 予定は未定ですので、

 公式に発表されるまで言えないんですけど



 いや~、早く計画が進んで、堂々と言えるように
 なりたいっ!!


 その時のメルマガのタイトルは、

 ”ドヤっ!それみたことか!”で、マタ書きますよ笑)



楽しみが増えますね。



今の現実は、混雑がスゴイので、事務処理等の遅れなど
若干の混乱は、もちろん、あるのですが、

全体の壮大な計画の中のほんの一部の動き。

今は特に、産みの苦しみ、といったところでしょう。


それらを逐一解決していった暁には、

半年くらいの間に、混乱が解消されてくると、

予測されているので、


それ以降の伸びはもっともっと加速していくのでは?



今後も、新しい情報が入り次第、

オシラセしていきますね!




ブログ上では公表できない、

独自インタビュー裏情報を、常時配信しています。



まだ、ベネフィットクレジットコイン専用メルマガ、
登録されていない方は、こちらからどうぞ〜。





※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。





http://form.os7.biz/f/e793ff9f/






記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

ベネフィットクレジットコイン、グランドオープン記念。ぱんぱかぱーん!

※追記:5月14日午後5時現在:1コイン7.13円

最高値、記録更新中です。



ヤスです。
(*´ω`*)



他のベネフィットクレジットコイン関連記事はこちら。








今日は、記念日ですねぇ〜。


昨年から、情報を追い続けていた、

ベネフィットクレジットコイン

ついに、

2017年5月1日(月)、グランドオープンを迎えました〜。


と言っても、


ドハデなオープニング、
ファンファーレぱんぱかぱーん、
価格上昇ドカーン、

というのを想像していた方もあるかもしれませんが、


もし、それをやってしまうと、


価格が暴騰した後、暴落するのが目に見えていますので、

ジェットコースター相場となります。


他の詐欺まがいの仮想通貨が、まさに、

期待だけ煽りに煽って、お金を集めて、

結果、やっぱりできませんでしたー、と逃げてしまう、


そういうことに絶対ならないよう、

対策がキチンとできることが、
金融庁の通達で、求められていて、


安定して、ゆるやかに、価格が上昇していき、

知らない間に、浸透していく、のを目標としていますので、

5月1日ですけど、いつもと変わらない朝でしたwww。



ベネフィットクレジットコイン、記念すべき初値は!3.44円







2017年5月1日、
そして、本日の初値は!




3.44円
ですね〜(午後4時)


※追記:午後5時1時間後には3.70円に上昇中。


※さらに追記:午後8時には4.20円超えしています。ヤヴァ!

※さらに追記:5月14日午後4時現在、1BCC=7.13円まで
上昇を続けています。



4月に1円で仮スタートしたのですが、

すでに7.13倍の時価総額ですよ。


100万円分を先行して確保していた人は、


すでに、

700万円以上になっていますね。



スゲ〜。


これから更に、本格的な宣伝が開始されます。


ベネフィットクレジットコインの価値を最大限に上げるには、

1にも2にも宣伝が大事ですね。



昨年から、実は、神奈川県の”かわさきFM”(79.1MHz)にて、
ラジオ番組を提供していまして、

一部の人には、宣伝が開始されていました。





さらに、年始くらいから、テストマーケティングとして、


クレコインセミナーへのお誘いを行っており、


各地のクレコインセミナーは、つねに満員御礼、


特に4月28日の、グランドオープン直前報告セミナーでは

私の仲間が、参加してきて、状況を教えてもらいましたが、

立ち見が多数出るほどの盛況ぶりです。




5月は、本格的に、
ネットマーケティング、が開催されます。


有名アフィリエイターさんが参加して、

宣伝活動が随時行われていきますので、

全国100万人規模の、すでに仮想通貨に興味の
ある人向けに、メルマガ等で、オシラセが届くので、

さらに、欲しい人が、取引所に殺到するでしょう。


すでにクレコインを所持している方、


来年の今頃、どうなっているのか楽しみですねぇ〜。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

運営元のクレコインクラブでは、



埼玉県で、学校のダンス教室を定期開催していたり、



九州地方で3箇所、子ども食堂、の支援をしています。



私も地元でセミナーが行われた時に、参加してきて、

社長から直接、子ども食堂への支援への感謝状を

実際に見させてもらいましたが、


企業というのは、利益追求ですけど、

利益をちゃんと、社会に貢献して還元してこそ、

みんなから認められる一流企業と言えると思います。


お金さえあれば幸せですか?


と私のメルマガでは、いつも書いていますが、

お金があるからこそ、

数多くの人に、幸せを届けることが可能になる、と言えると
思います。


自分の欲を満たすためだけに、お金を使う人もあれば、

大勢の人を幸せにすることができるような

お金の使いみちを正しく知っている。


スバラシイ理念だと、感じましたね。



今後も、

ベネフィットクレジットコインの情報を追いかけていきますので、
お楽しみに!


まだ、ベネフィットクレジットコイン専用メルマガ、
登録されていない方は、こちらからどうぞ〜。





※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。





http://form.os7.biz/f/e793ff9f/




記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

【日経新聞より】仮想通貨取引所に10社名乗り!競争激化へ。SBIバーチャルカレンシー、GMO他

ヤスです。
(*´ω`*)



日本経済新聞5/2紙面に、

仮想通貨の取引所の話題が、
1面トップ掲載されていましたね。



SBI、GMOグループ、カブドットコム証券関連会社ゾクゾク名乗り






記事によりますと、





今までは、

個人や、規模の小さな会社が

雨後の竹の子のごとく、仮想通貨を勝手に発行すると

うたっては、お金を集めまくって

実際にはできませんでした〜、と言って

破綻し、逃げてしまう詐欺案件が

たくさん事案発生していましたが、



2017年4月から施行になった、
通称「仮想通貨法」により、


仮想通貨の取引所は、

財務局への届け出が必要で、
登録制になったので、

超厳格な審査をパスすることが必要になり、



詐欺まがい仮想通貨は、一切淘汰されることに
なりました。


国のお墨付きのないコインは全部、違法という
レッテルが貼られることになるんです。


安心安全の、明確な基準ができたわけですね。



過去、マウントゴックス取引所の社長が、

自分の会社に預けられていた
ビットコインを横領する、

という事件があり、

絶対に再発できないような、
対策をしたり、

顧客の不利益にならないような

安心透明性の高い、取引所でなければならない、

ということなので、



逆に、法律に遵守している、と
認められるということが、

どれほどのアドバンテージになるか、

おわかりかと思います。


関連記事

【驚愕、日本最強】事実上、日本で仮想通貨=クレジットコイン、に。その驚愕のワケは。





2017年7月からは、”認可された仮想通貨”は、

取得の際に、消費税がかからなくなる、という

メリットから、

(1万円を1000円10枚に両替するのに、
 いちいち消費税がかからないのと同じ  )


関連記事

ベネフィットクレジットコイン】通貨として正式認可。消費税が非課税にっ!




仮想通貨の取引が、今よりも、もっと活発になると

大手証券会社がこぞって、仮想通貨の取引所に

名乗りを挙げてきています。



SBIは、新会社SBIバーチャルカレンシーを立ち上げて

世界第2位のイーサリアムも取り入れた取引所を設立準備。


GMOインターネットも新会社を設立。



カブドットコム証券で有名な、マネーパートナーズグループも
参入準備を進めている。

10社超が参入を検討




と報じられています。


もっとも、参入を検討、というのは、

参入した、ということではなく、

準備段階に入っただけですから、

審査をパスするには、

東京ゲートウェイが、ブロックチェーン技術を
日本初で、取引所に取り入れたのと同様の

仕組みを整備しないといけないでしょうから、



日本中を全部探しても、

ブロックチェーン技術を扱える技術者は50人以下
と言われ、年収2000万円が最低、

といわれているので、


技術者の争奪戦になったり、

コストも膨大にかかるので、



準備には1年以上かかるでしょう。


既報の通り、

先行した東京ゲートウェイ

最初に登録されていますが、


しばらくの間は、


東京ゲートウェイの、
先行アドバンテージが大きいですね。


1年後は、状況が大きく変わり、

10倍以上の規模で、取引所が、たくさん開設され

仮想通貨の取引量は、イッキに増えるでしょうね。


今は、アーリーアダプター層
(流行り物大好きな人たち)

が、こぞって買いに走っているのですが、




10年前、

初代iPhoneが登場してから

それまでガラケーだったのが、

今やほとんどがスマホになってしまい、

大きく状況が一変していますよね。



まさに、法律が施行され、
仮想通貨元年の今、


2,3年後には、

普通に一般の人でも、仮想通貨が当たり前に普及して
いくでしょう。



私がずっとイチオシしてきている、

ベネフィットクレジットコインにとっても、
好ましいことですね。




今後も、

ベネフィットクレジットコインの情報を追いかけていきますので、
お楽しみに!


まだ、ベネフィットクレジットコイン専用メルマガ、
登録されていない方は、こちらからどうぞ〜。





※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。





http://form.os7.biz/f/e793ff9f/





記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

【驚愕、日本最強】事実上、日本で仮想通貨=クレジットコイン、に。その驚愕のワケは。

ヤスです。
ヮ(゚д゚)ォ!



今日は、超興奮の赤!


何しろ、スゴイことを聞いてきたよ。


ベネフィットクレジットコインとは・・・








私の地元で、クレジットコインの実質的総責任者の人が、

セミナーを行うということで、

参加してきましたよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


仮想通貨(もしくは暗号通貨、ともいう)が、

非常に注目を集めていますね。

そして、2017年は、まさに日本における仮想通貨元年、


となっており、


仮想通貨の法律が、4月から施行されているのを、


ご存知の方も多いかと思います。


簡単に言うと、


この法律により、


今までは、モノ扱いだったのが、

通貨、と等しくなり、


仮想通貨は、FX等で扱われる通貨と、

ほぼ等しい扱いとなります。



仮想通貨の取引所もまた、

FXの証券会社とほぼ等しい扱いとなり、



複雑な各種免許申請を金融庁に行い、

認可されないと、取引所として認められず、


そこで扱う仮想通貨の、取引高等を、
細かく、毎月報告をしなくてはいけない、


資本金は5000万円以上でなければならない、


その他、非常に厳しく細かい規制がかかっており、


金融2種に相当する厳格な、透明性の高い運用が

求められるようになったんですね。



金融2種というのは、


野村證券なみ
、と言えば、それで十分おわかりかと思います。



以前に、マウントゴックスの社長による、ビットコインの横領事件があったのを

ご存知の方も多いかと思いますが、


社長が勝手に持ち出すような、
ああいうことが絶対にできないように、


取引所自体がブロックチェーン技術により、

一切の改ざんや不透明取引や、盗難や書き換えなどができないように


取引が全部透明化されて、安心安全、と認められた、


日本で唯一の仮想通貨取引所が、



東京ゲートウェイ株式会社、なんです。


まだ、日本では、東京ゲートウェイ以外に

ブロックチェーン技術を取り入れることに

成功しているところは他にありませんので、

最も、公平透明性の高い取引所、となっています。



その東京ゲートウェイで取り扱われるコインも、
当然、金融庁に認められていなければなりません。



実質的に、それ以外の仮想通貨、と
謳っているモノすべては、

違法コイン、と認定されたようなものです。


非常にリスクが高い、金融庁が認めないコイン、

というレッテルが貼られたような状態になるわけですね。



ネット上では、クレジットコインは危ないという
自称専門家による勝手な憶測が、

いくつも存在していますが、

そもそも、自称専門家=部外者なので、

これらの情報を一切知らず、

確認もせずに、


金融庁が認可しようとしているコインなのに、

デマを流している人が、大勢いる、ということになります。

金融庁と、デマを流す人と、どちらを信用しますか?



また、

日本の法律は、非常に規制が多いため、

海外の直接投資案件、として、
勧誘しているコインが相当たくさん出回っております。



それらは当然、日本の法律の対象外、になりますので、


値上りする、可能性がゼロではないでしょうが、

リスクもそれだけ当然多くあるということです。




いきなり1円が100円になったとか、

急激に値上りして、実際には取引できる準備ができませんでした、

破綻する前に、お金を借りてしまって自転車操業、

ハイ、夜逃げ〜  昨日まで100円が今日は1円、

という、急騰、急落するような、

ギャンブル性の高いコインは、



金融庁が一切認めませんので、


ベネフィットクレジットコインも、

そうならないように、

静かにジワジワ自然に値上りしていく、
というのを目指していますので、


非常に堅実な仮想通貨、といえます。


急激に高騰もしないし

急落もしないように、


コントロールできるだけの内部留保を、

会社内で確保して準備するなどの、


リスクヘッジも、金融2種会社には求められるので、

そのあたりの準備も、万端になっているとのことでした。




なお、東京ゲートウェイは、

3月末までは、東京JPY株式会社、という名前で、

世界第3位のリップルコインを扱う取引所でしたが、


日本の仮想通貨の法律を遵守するためには、


ビットコインと同等の、
改ざん等が一切できない、ブロックチェーン技術を

備えなくてはならず、


リップルコインだけではなく、

ビットコイン、イーサリアム、など主要コインも扱う、


総合取引所として、

東京ゲートウェイ株式会社として、
生まれ変わることになったんですね。

(4月現在は移行期間中です)


東京ゲートウェイは、もともと

すでに月間25億円の取引量を誇り、

仮想通貨の取引実績が豊富で、
運営ノウハウがすでにありました。




なお、他の取引所で、出来高100億円、というような謳い文句の
取引所も存在しますが、


システムで自動的に売り買いを行なって、出来高を多く見せるやり方を

しているところがあるので、


そういう小細工無しで、


顧客との入金と、払い出し、だけの実質取引量で

月間25億円というのは、


世界No1であると、されています。


その東京JPY→東京ゲートウェイに社名変更されるにあたり、


ビットコイン、イーサリアム、リップルコイン、


と並んで、一緒に取扱になり、


新規のコインとして上場扱いになったのが、


今回紹介する、ベネフィットクレジットコイン(略称BCC)なんです。



東京ゲートウェイのホームページはこちら。

http://www.tokyogw.com




このページを、ほんの少しだけ下にスクロールさせると、

ベネフィットクレジットコインのPR広告が出るのがわかります。







すでに、東京ゲートウェイの取引所では、

BCCがチャート上に現れて、

技術的には取引可能な状態にまで進んでいます(4月現在)






ベネフィットクレジットコインは、


4月からプレオープンの準備期間、

5月からグランドオープン、となっており、



5月には、ベネフィットクレジットコイン、も

一般購入が可能となります。



つまり、現時点で判明している、


金融庁が認めている取引所と、

その流通コインとしては、



現状、日本で唯一、オンリーワンの仮想通貨、となっており、


また、今後も、当面の間、


独自の仮想通貨を作って独自の取引所を作ろうという人があっても、

金融庁が、まず認可を降ろさない、


ということで、

日本で流通する正規の仮想通貨= ベネフィットクレジットコイン、



という図式が、当分の間、成り立つことになりそうです。



なお、東京三菱UFJ銀行などが、独自の仮想通貨を発行する、という
ニュース等をご存知の方もあると思いますが、


あれらは、1コイン1円、というように、レートを固定してしまっていて

1コインの価値が変わることがないコインなので、

電子マネーの置き換え、ということになりますね。



いわゆる市場取引が可能で、


価値が変わる、

上昇する可能性のあるコイン、

としては、



すでに値上がってしまっている
ビットコインのようなコイン以外では、


ベネフィットクレジットコインが、日本では唯一である、

という状況なんですよ。



なお、東京ゲートウェイは、

すでに、

イギリス、ブラジル、中国の、現地の有名取引所と、相互接続されており、

インド、フィリピンの現地取引所の開設準備も進められています。



東京で、すごい人気がある仮想通貨があるぞ、

ということになって、世界の人が認知するようになってくれば、

さらにスゴイことになるでしょう。



ベネフィットクレジットコイン、いかがでしたでしょうか?



これだけを聞いただけでも、期待大ですよね。



さらには、開始から1年間は、毎月1%づつ、ボーナスがつく、という特典があります。

(50000コイン以上所持の方)



たとえば50000コイン、であれば、500コインが、毎月付与されます。

何もしなくても、所持しているだけで、ボーナスがある、というのは、
それだけでオトクですよね。


(※1年毎にボーナス%の条件は更新されます)




ビットコインであれば、すでに10万円持っていても1コインすら買えないほど

価格が高騰していますが、

ベネフィットクレジットコインは、1コイン1円スタートで、

しかも最初は、買い、しか存在しないわけですよ。


この差が、どれほど大きいのか、勘のイイ方ですと、すでにおわかりでしょう。




キニナッタ方は、

こちらのリンクより、

詳細な情報&最新情報をメールにて送りますので、

登録してくださいね。



※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。





http://form.os7.biz/f/e793ff9f/



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

【ベネフィットクレジットコイン】通貨として正式認可。消費税が非課税にっ!

ヤスです。
(*´ω`*)



以前からマークしていました、

極上オススメの、仮想通貨ベネフィットクレジットコインですが、



関連記事こちら。


【驚愕、日本最強】事実上、日本で仮想通貨=クレジットコイン、に。その驚愕のワケは。



さらに、進展がありましたので、

オシラセしますね。


ベネフィットクレジットコイン、ついに消費税が非課税に!






これは、どういうことか、おわかりでしょうか。


既報の通り、


2017年4月から、


日本では、仮想通貨の法律が施行され、


今までは、モノと同じ扱いだった仮想通貨は、


取得するのに、消費税がかかっていました。


ところが、仮想通貨は、”通貨”ですので、


たとえば、1万円を、1000円札10枚に両替する時に、


消費税を取られる、ということが無いように、



仮想通貨を取得する=つまり、円と仮想通貨を時価で両替する、


のと同じ扱いになり、


消費税がかからない、ということになりました。


ただし、


金融庁が正式に認可した、

仮想通貨を安心安全に取引できる取引所の上で、


これまた金融庁が正式に認可した仮想通貨を

日本円と交換する時に、

消費税が非課税になります。



そして、


ベネフィットクレジットコインも非課税になると、
アナウンスされました。



つまり、金融庁から運用認可になりました。



スゴイっ!



前回記事でも書きましたが、


金融庁が認可を出すには、

野村証券のような、金融2種免許を取得している会社が

うける規制とほぼ等しい、

厳しい審査があるので、


これまでのような、


雑多な詐欺まがいのコイン、

信頼性の低い取引所は、


一切、審査に通らず、認可されない、ということが

確定しているわけです。



日本中から、ほとんどの仮想通貨は、

これから淘汰されていきますが、


ベネフィットクレジットコインが、

最後まで残るのは、とても心強いですよね。




ベネフィットクレジットコインの非課税化による、

ポテンシャルは、果てしなく大きいモノだと、

おわかりかと思います。





キニナッタ方は、

詳細な情報&最新情報を定期的にメールにて送りますので、

お問い合わせください。




注意事項:


※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。





http://form.os7.biz/f/e793ff9f/





記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

【クレジットコイン評判】私は買いました。ネットの批判を全部ひっくり返す。

※追加記事書きました。よかったらこちらもどうぞ。
【驚愕、日本最強】事実上、日本で仮想通貨=クレジットコイン、に。その驚愕のワケは。




ヤスです。
(*´ω`*)



今日は。


約1年前くらいから、存在を知っていた、

ある、仮想通貨のオハナシです。



ネット上では、

中身を全く確認もせずに、
情報を知らずに上辺だけを見て、

勝手に批判するブログがイッパイ出回っているので、

先に言います。



「買ったよ。」


2009年に、ビットコインが出た時は、

みんな詐欺だと言いました。

それが今やどうでしょうか。


1コイン14万円超えるまでに。


私の知り合いでも、

ビットコインが1コイン2円の時に購入して
億万長者になった人があります。



最初に詐欺だと言われて騙され、購入しなかった、

ニセモノの、自称専門家に騙された人たちは、

今頃、悔しい思いをしているでしょうね。


せっかく、
持っているだけで億万長者になる権利を、

ミスミス逃したんですからね。


ビットコインの再来を狙う仮想通貨は、

世の中には、1000種類以上あると言われていますが、


仮想通貨を選ぶ基準をハッキリ知っていないと、

本当に痛い目にあいますので、

ここで、白黒ハッキリさせましょう。



クレジットコイン ホンモノかどうかの基準とは?





URL


http://gold-seminar.com/index2.html



2016年の5月。


通称、仮想通貨法という法律が、国会で通りました。


そして、その施行は、2017年4月。



日本の国会は、仮想通貨という存在を、あまりに過小評価していて、

それまで、法律上は、存在しないことになっていたんですね。

ところが、ビットコインが市場に多く出回るようになり、


税金対策に使われるようになってきたんですね。



もし、あなたが、1億円稼げたとすると、

所得税が40%近くあるので、

4000万円は税金で持って行かれるのをご存知でしょうか。

所得税以外の税金も、軒並み上がるので、

1億円稼いでも、半分は税金で支払わないといけないのが、
日本の現実なんです。


もし、手取りで20万円のサラリーマンの人であれば、

半分の10万円が税金で持っていかれる感覚です。

とても生活できないですよね。


もしあなたが、1億円あったらいいな、と思ったら、

実は、1億円全部が自分のものじゃない、ということを、
よく知らないといけません。



お金持ちになればなるほど、

節税対策ってとても重要なんですね。




2016年の秋頃、

パナマ文章というものが、問題になりました。


日本に資産がある富豪は、税金で支払わないといけないため、

海外の、タックスヘイブンと呼ばれる、税率が5%とか、

とても低い国に、名前だけのペーパーカンパニーを用意し、

そこに資金を移動すれば、ものすごい、浮いたお金で、

投資を行い、さらに資金を増やす、といった、資産運用を行うのが、

世界の富豪の常識だったわけです。


その実態を明かした、パナマ文章が公表されてしまったが為に、


違法ではないものの、

世界中のお金持ちは、批判にさらされ、

各国が納税対策を強化する結果となりました。


そこで、次に、お金持ちたちが考えることは何でしょうか。


特に、中国人は、必死です。


ビットコインが高騰している大きな理由は、


トランプ大統領が、経済政策の期待先行で、

米ドルが高騰しました。


米ドルが高騰すると、

米ドルで借金をしている国にとっては、

借金の利息が増えるということで、

その国の通貨は下落するんですね。


トルコのリラや、メキシコのペソ、などは、

暴落しました。


また、中国の人民元も、下落傾向にあります。


中国という国は、ご存知、共産主義国ですので、

資産というのは、自分のものであってないようなもので、

いつなんどき、理不尽な理由で、国家に没収されるかわからない、

土地なんかは、国からの借り物、となっており、

都合が悪ければ即立ち退き、ブルドーザーで

ビルでもなんでも
住んでいるところを強制的にぶっ壊していく、などという光景は、

テレビでも見られた方があるかもしれませんね。


そういう不安の満ちた中国では、

稼いだ資産を、なんとか人民元ではなく、国外に米ドルとして持っておきたい。

そうやって、子孫になんとか財産を残してあげたい。


必死に考えるんですね。

このことは、以前、NHKの特集ニュースでも出ました。


ところが、中国政府は、

外貨に流れるのを恐れて、

人民元を米ドルに両替するのを、中国本土では、厳しく制限しており、

中国で唯一、中央政府の統治が及ばない、自治領の香港では、

米ドルなどに資産を交換できたので、

お金のある人は、香港まで移動して、資産を守ることができたのですが、


今までは、いわゆる中間所得層の人たちは、いかんともしがたかったところへ、


ビットコインという規制のゆるいものが出てきて、

ビットコインに一度交換し、そこから米ドルへ交換する、



という手法が、中国の中間所得層にイッキに広まり、


昨年11月末ごろから年末にかけて、
多くの中国人がビットコインを爆買させ、

ビットコインの暴騰を招く結果となりました。




ですが、中国人だけじゃなくて、他の国でも同じような状況です。


資産をできるだけ、国外に逃して守りたい。


ところが、

日本円にしても、米ドルにしても、人民元にしても、


政治状況や、国と国とのパワーバランス、自然災害などによって、

毎日、通貨の価値は変動しますね。


ここ最近は、ずっと円安です。

あなたの貯金は、実は知らずに、目減りしているんですよ。


そこで、国の通貨ではなく、世界共通の価値のあるものに交換して持っておきたい、

と思うわけですね。


その代表が、金、銀、プラチナ、などです。

これらは、世界中で価値が共通のものです。


それともう一つが、仮想通貨なんですね。



世界中の富豪が、仮想通貨を買いあさり、
暴騰している事実は、否定できません。

今後も、もっと増えるでしょう。



このことを、日本の国会もようやく現実に気がついて、2016年5月に法律を制定。

2017年4月に、法律の施行を開始することになったんです。


税法上は、まだモノ扱いですので、消費税がかかるのは、まだそのままですが、

仮想通貨、というものを細かく定義して、

法律にのっとっていない詐欺な仮想通貨を、徹底的に排除する内容となっており、

違法なコインは、日本国内の取引所では扱えなくなる、というものです。




逆に言うと、


日本の仮想通貨の大手取引所で扱うコインは、すべて、

日本政府(正確には金融庁)が監視し、正常な取引が出来る、と認めたモノしか

流通できない、というわけです。


4月以降に残るコイン=金融庁のお墨付きが必要、



ということですね。


なお、エイダコインや、ノアコインと言った、海外の会社に
お金を直接預ける案件は、国内ではないので、残るでしょうが、

リスクがその分、
非常に高くなるのを承知でなければならないでしょう。




さて、やっと本題の、クレジットコインについてです。



URL


http://gold-seminar.com/index2.html



説明会の招待文のURLが上記ですが、

これを見ると、


東京JPYという名前が出てきます。


東京JPY

https://www.tokyojpy.com



東京JPY、というのは、
世界第3位のコインである、リップルコインをメインに扱う取引所で、

リップルコインの取引量では日本1。

また、

月間取引金額で25億円という、
送金数では世界No1の金額を扱う、

名実ともに世界でNo1の取引所があります。

香港にある、香港ANXよりも金額が多いんですね。



この取引所で、4月よりクレジットコインは、

世界No1のビットコイン、

世界No2のイーサリアム、

世界No3のリップルコイン

等と並んで、Aランクコインとして認定されており、

一般公開がスタートするんですね。


開始当初は1コイン1円スタートです。


ビットコインは、すでに高騰して、10万円あっても1コインも買えません。

将来的には、まだまだ上がるでしょう。

しかし、一般庶民がなかなか手が出せない金額ですね。


クレジットコインは1円スタートです。

この差は非常に大きいですよね。

仮に、10万円分購入して、

1コインが10円まで上がったら、100万円に変わるということです。



運営会社は大丈夫なのか、ということも疑問でしょう。


今回のセミナーの主催は、


デジタルカレンシー(社長:松田智さん)社ですが、

デジタルカレンシーは、仮想通貨の技術開発担当です。

クレコインクラブ株式会社が対顧客対応を一手に引き受けるので、
実際に、クレジットコインを購入しようとすると、

クレコインクラブが間に入って対応してくれます。


この2社が主体となって、一体でプロジェクトを進めていて、


そこに、
先程の東京JPY取引所の社長と、

ロイヤルゲート社の社長など、

ロイヤルゲート社
http://www.paygate.ne.jp/

協力会社が数社集まってタッグを組んで、世界一の仮想通貨にすべく

毎晩ミーティングを重ね、
着実に計画を進めている段階です。


かなり詳しいですよね。


1年前くらいから、内密にコンタクトを取り続け、

私のメルマガ読者には、縁故販売中に、
こっそり情報を提供し続けてきました。


いち早く、安い価格で購入できた方も大勢います。



だからこそ、自信を持って、

クレジットコインを、オススメしています。


”現段階では”

全くもって、No1オススメに間違いないです。


仮想通貨の法律も、これから先、どのように変わるか、

まだわからないので、

もしかして、

仮想通貨は日本国内では取り扱いません、とか、

仮想通貨は通貨と認めません、という法律になる、

など、不可抗力も絶対にないとは言えないので、


将来どうなるか、まで、ハッキリしたことは言えません。




私自身も、当然、

”捨てても構わない金額で”
購入して所持しましたし、

お金の厳しい人には、小ロットで数人集まって、
私が建て替え購入もしましたし

沢山の人が、

「宝くじを買うよりも、よほど現実的で、楽しみにしてます」

と感想をすでに頂いています。



情報を全く知らない、部外者のブロガーさんには、

絶対に書けない情報ですね。


昨年末12月までは、所得のギリギリの方でも、
なんとか購入できる、というほど、

敷居が低い状態でしたが、

すでに

4月末までの縁故販売(プレセール、ツテがないと買えない期間)中にも、
価格が随分、上昇しているので、

検討される方は、早めに説明会を聞かれてはどうでしょうか。


セミナーに関しては、お問い合わせください。




※追加最新記事書きました。よかったらこちらもどうぞ。
【驚愕、日本最強】事実上、日本で仮想通貨=クレジットコイン、に。その驚愕のワケは。









キニナッタ方は、

こちらのリンクより、

詳細な情報&最新情報をメールにて送りますので、

登録してくださいね。



※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。




http://form.os7.biz/f/e793ff9f/





記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

5年後(東京五輪後)に日本破錠?! Xデーは?クレジットコイン担当者に聞く!

ヤスです。
ლ(´ڡ`ლ)


最近、ある人から、こんな話を聞きました。

というより、ネット上にも同じような、
話は、いくらでも流れているので、


知っているよ、聞いているよ、

という人も多いかもしれません。


問題は、だから、ドウスル、という話になるのか、ですよね。


日本は5年後に破錠するのか?2021年Xデー説






関連記事こちらもどうぞ。

【THEホンモノタイムスより】あと3年後2020年に日本は破綻するのか?



最近、こういう話題を持ちだして、だから、今のうちに、

日本ではなく海外に投資をして資金を避難させておきましょう、

というような話が出まわっております。



共通するのは、


2020年の次の年の2021年(五輪の翌年、5年後)に、

オリンピック効果の反動と、アベノミクス失敗で、

日本経済は壊滅的打撃を受けて破錠し、

銀行預金は、勝手に国債購入に使われているから、

国債が暴落して、破綻、

今の銀行預金は紙くず同然に変わる。


マイナンバー制度導入で、税金納入も監視される。

だから、取るものは取る、払うものは払わない。
日本はアブナイ。



だから、今のうちに、預金を海外に逃がして、

海外に投資をしましょう、


その有力な投資先は、

金と、

仮想通貨。



ということになるわけですね。




コレに対しては、


前半は異論があり、


後半は認めるところです。




まず、前半部分の話し。


5年後に、日本経済は破錠するのか?

こういう煽り方で、セールスを行うのは、

本気で、怒り爆発したいくらい、ですね。


まず、その根拠にしているのは、


東京五輪の特需の反動による、
経済活動の停滞。



東京五輪のGDPに対する効果、というのは、


1%押し上げる効果がある、と試算されています。


東京五輪の特需、というのは、


GDPのたった1%、なんです。


その反動も、当然のことながら、たった−1%ですよね。


一部の東京やその周辺の建設業界など、
影響の大きい業界関係者は、大変でしょう。

しかし、日本全体で見たら、極わずかの出来事なんです。


なのに、マスコミは大騒ぎするんですよ。
1%の話題を、100倍にして報道するんです。



木を見て森を見ず。


全体を知らない人は、

そういう話しに、右往左往して、慌てふためく。

その後の、投資話に、載せられてしまう。



もう一つは、

アベノミクス失敗。



私の父は公務員でしたから、

公務員=悪、というような、最初から言いがかりをつける論争には、

腹が立ってしょうがない面もあります。



公務員とは、時に自分を犠牲にしてでも、地域住民の為に活動する、

そういう正義感の塊のような人達なんです。



消防士しかり、

警察官しかり、



東日本大震災では、津波の避難を、最後まで、非常災害放送で呼びかけ続け、

そのまま津波に飲み込まれた女性職員もありました。



約30年前、私の住んでいる町が集中豪雨の水害で、平地が水没、
私の父が、災害対策本部の陣頭指揮を摂る、その立場にあり、

町の役場にいて、最後まで残り、

”これにて非常放送を終わります。皆さん、逃げてください。無事を祈ります”

と言い残して、自分も脱出できましたが、

これと重なります。


基本的に、日本の公務員は、真面目で優秀で、正義感の強い人達なんです。

それを、


公務員=税金で食わせてやっている、無駄遣いの温床、

というイメージで一括りにして、非難轟々、する輩は、



個人的には、



絶対に許せません。




中には、頭のいい一部の官僚たちが、
都合のいいように国の仕組みをいじくっているのは
厳然たる事実じゃないか、

という人もありますが、


まったく、何も知らないんだなぁ、と、
思わずにおれないです。



法律の、文言を、1つつくるのに、どれだけの人が、どれだけの努力をしているのか、

全く知らないから、こういう単純な発想を起こすんだ、とね。


もっとも、そういう裏方な部分は、テレビには出ないし、誰もしらないですよね。



唯一、私がよく見ている、日曜日朝のがっちりマンデー!!でのみ、

テレビ取材が入っただけで、他には公開されたことがないので、

知らなくても当然かもしれません。



1つの、法案を作るのに、法律の専門の勉強をしている人達が、6,7人集まって、


一文字一文字を、訓読みして
(音読みと訓読みがある場合、間違える場合があるので、訓読みに統一している)

絶対に1文字でも間違いがないように、何重ものチェックをしているのです。

その作業は、深夜にも、朝方にもおよび、

国会論戦に間に合わせなければならないのです。



大臣の答弁も、すべて、事前に事務方が原稿を準備し、

質問される内容もあらかじめ打ち合わせしておいて、

その返答も、準備され、万全の体制で、国会へ望むように、


よくテレビ局のクルーが、会社で毛布かけて寝て一夜過ごして、
なんてシーンがよく見かけますが、


霞が関の国家公務員も、同じで、必死に働いているんです。


安倍総理大臣とて、同じ。


秒単位のスケジュールに追われて、土日無く、休みなく日本全国を
駆けずり回り、毎日外交日程をこなしつつ、働きづくめ。

たまの休日でも、どこに行っているか、を公開しなくてはならず、

プライバシーもない。

総理大臣の答弁も、裏方が全部作っているのを、知らないんです。
どんな閣僚の発言も、前もって、総理大臣の許可を得たものでなければ、

あやうく口をすべらせるような人は、大臣にはなれないので、

人の上に立つ人は、発言を慎重に慎重に、当たり障りのないように、

言葉を選ぶわけです。



そうやって必死に働いている人に対して、


なーんにもしていない、ニートが、安倍首相を批判する。


こういう話は、反吐が出るほど、頭にきますね。



何にもしない人、能力の無い人ほど、人を批判する。

実力のない人の悪評は、見ていて気持ちが悪い。



消費増10%を決めて、民主党が抗議しているけど、

消費増税を決めたのは、民主党政権だったはず。

だから、野党がどれだけ集まっても、

国民は、批判するだけの党に価値はないと、見ぬいてしまっている。



国家の危機感から、そういう煽り方で、
売ろうとするのには、

もうやめて欲しいです。




さて、本題はここから。


では、国が破錠するのは、可能性としては、無いわけではないが、

皆で必死になって、そうなるまいと、努力しているのは、

分かったが、


あなたが勤務している会社が、倒産しないとも限らないし、

あなたがリストラされることは、

十分あり得ます。


30年以上続く会社というのはほんの僅か。


終身雇用と年功序列は完全に崩れており、


今まで副業禁止だった大企業が、
副業推奨、と変わるところもでているほど、

リストラに備えて、自分の身は自分で守れ、


という風潮です。



よく、年金暮らしで、今月180円しかない、どうやって暮らせばいいんだ、

とテレビで報道されるのが映りますよね。


現状は、そうなのは分かったが、

なぜそうなる前に、
準備をしてこなかったのか。

それは日本政府のせいなのか。


自分が怠けて努力もせず、貯金も何もしてこなかったのではないか。


中には、生活保護のお金を貰って、その場でパチンコへ行って全部使い果たし、
タクシー強盗をして運転手を殺害する、なんて、


もうマトモでない、人間の格好をしただけの人間でない生き物も、

最近は、多くなってきました。



自分の幸せは自分でつかめ。


当たり前のことですよね。




本題のクレジットコイン(仮想通貨)は、春に売り出される仮想通貨で、

金の採掘事業を一緒にやっている会社が提供するため、

金塊に交換できる、オプションがあるので、

価値が跳ね上がる可能性があるので、

今のうちに購入して”金”に交換しませんか?


と誘われて、


ネットビジネスの先輩と、その同期の人が説明を聞きにいく、

というので、

私も顔を出すことに。



・・・。



子連れなのと、嫁が具合悪くなり、車で待機している状況で、


本当に顔を出してあいさつをしただけで、

帰るハメになってしまいました、とさ。




ここまで引っ張って、そのオチかい!


詳しくは、先輩とその同期の方に、確認して、また記事を更新しますね。





記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。
Copyright © ニセモノを見抜け ホンモノの稼げる情報商材はコレだ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます