タグ:メルカリツール全滅

メルカリツール全滅のタグが付いた記事一覧。当ブログは、金欠病と、しあわせ不足病に効果アリ!

ホンモノ情報商材
ヤスです。(*´ω`*)先日の記事【ピンチはチャンス】ライバル激減のメルカリで、今稼ぎまくれっ!(メルカリアップデートに対応中)にて、お知らせしていますが、これには、実は、裏事情があります。とある、迷惑なメルカリ転売塾がありまして、1000アカウントを使っていっぺんにツールを使って、大量出品した連中がいたようで、それをウケて、メルカリのサーバーがダウンしたそうなんです。そこで、メルカリ事務局が事態を重く...

記事を読む

ビジネスマインド編
ヤスです。(*´ω`*)先日書きましたこちらの記事【悲報】メルカリは、もう稼げない。ツイに事務局が、メルカリ出品ツール撤廃に動く!!(ツール全滅)につきまして、結構な反響が有りました。メルカリ側の仕様変更アップデートにより、ツールを使って出品を一度でもしたアカウントでは、出品をしても、新着情報に載らない、もしくは、載っても何ページも後のほうに出る。検索をかけてもフルキーワードでなければ検索されず部分一致...

記事を読む

ビジネスマインド編
ヤスです。(*´ω`*)今日のオハナシは、メルカリは、個人対個人のフリマアプリに完全に戻ります、ということです。つまり、ネットビジネスという観点から、大量の商品を出品して稼ぐような、大掛かりな仕掛けをすることはできなくなり、メルカリだけで30万円以上稼げた人が、全く稼げなくなる、という衝撃の事態になりました。メルカリのツール全滅の衝撃波が押し寄せる!!。ドドおドドドドドドドドドドドド怒怒怒怒怒怒どどお度dl...

記事を読む

【ライバル無しブルーオーシャン!】メルカリ転売”ステルス”ツールの正体とは?!

ヤスです。
(*´ω`*)


先日の記事

【ピンチはチャンス】ライバル激減のメルカリで、今稼ぎまくれっ!(メルカリアップデートに対応中)


にて、お知らせしていますが、


これには、実は、裏事情があります。




とある、迷惑なメルカリ転売塾がありまして、



1000アカウントを使っていっぺんにツールを使って、大量出品した連中がいたようで、

それをウケて、
メルカリのサーバーがダウンしたそうなんです。




そこで、メルカリ事務局が事態を重く見て、
メルカリ出品ツールを一斉に排除する方向に動いたみたいです。


迷惑なハナシですよねぇ。


こういう、迷惑行為をする連中の巻き添えで、

かなりの大人数のメルカリ転売をやっていた人が、

稼げなくなったということです。



そして、ほぼすべての、メルカリ出品ツールが全滅しました。


ところが!



当方運営のコミュニティ限定!ステルスツールの正体とは!







大々的に宣伝されていた、メルカリ出品ツールだと、

メルカリ事務局に目をつけられていますので、

ほとんど主要な有名ツール類は、使えなくなってしまいました。


仕様変更が、あまりにも大幅変更なので、
対応しきれずに、販売停止になったツールも、たくさんありますし、

それらのツールを元に、メルカリ転売塾をやっていた塾の閉鎖も相次ぎました。


それらの参加者は、ホントウに可愛そうですね。



しかし、今、話題にしている、

ステルスツールは、

もともと、当コミュニティ限定でしか配布されていませんので、

メルカリ事務局に目をつけられていません。


しかも、

メルカリの仕様変更に、

すでに、いち早く対応し、


規制以前のように、すでに使えるようになっていて、


ライバルが激減したメルカリ市場で、主導権を握っています。



いや~、ブルーオーシャンってスバラシイ!


このチャンスに、私のコミュニティ仲間は、稼ぎまくってますよ!


ステルス、の名前の由来は、まだあります。


メルカリ自動出品ツールは、

機械が勝手に出品するわけですから、

人間が手動で出品するのとは、

挙動がハッキリ違いまして、


そこを、メルカリ事務局が見破って、アカウントを凍結してくるのですが、


いかに、人間が手動で出品するのに近づけるか、を研究しているツールでして、



アイテムを出品する時間にゆらぎを与えて、不定期タイミングで出品をすることによって、

機械的に同じ時間の間隔で出品するのではない、


ということをやっています。


さらに、出品する毎に、ある仕掛けをしていて、

よりメルカリ事務局が、アカウントを特定されにくいように、

なっているんですね。



これら複数のステルス機能により、


他の雑多なツールより、圧倒的に有利な条件で、

圧倒的なスピードで、稼げるようになります。



当コミュニティ参加者のみ、
ステルスツールを使える権利を準備しています。


コミュニティの詳細は、こちらからどうぞ。




記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


ホンモノコレクションズはこちらから。
http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

【ピンチはチャンス】ライバル激減のメルカリで、今稼ぎまくれっ!(メルカリアップデートに対応中)

ヤスです。
(*´ω`*)


先日書きましたこちらの記事

【悲報】メルカリは、もう稼げない。ツイに事務局が、メルカリ出品ツール撤廃に動く!!(ツール全滅)


につきまして、


結構な反響が有りました。


メルカリ側の仕様変更アップデートにより、

ツールを使って出品を一度でもしたアカウントでは、
出品をしても、新着情報に載らない、

もしくは、載っても何ページも後のほうに出る。

検索をかけてもフルキーワードでなければ検索されず
部分一致の検索ワードだと、表示されなくなって、

メルカリ社外品のツールを使うと、

逆に、出品した商品が全然目立たなくなって、

いいね、もつかず、売れなくなる、


という極端な状況に追い込まれたのです。


この状況が半月以上ずっと続いていまして、


すでにメルカリは、ツールが使えない非効率な市場、
という評判がイッキに広まっています。


そして、メルカリ転売だけのツールを専門に扱っていた塾は、


ほとんどが白旗を上げてしまいました。



寺田氏のメルマジックス等
いくつか、完全に非対応になった、つまり全く稼げなくなって、撤退を余儀なくされた

転売塾生が、多数出ています。



ということは。


メルカリは、ライバル不在。ブルーオーシャンですよ!
今がチャンス!だと捉える人は、ビジネスセンスが鋭いです!






メルカリを覗いてみると、


モデルを使った、要するに業者っぽい、

出品が激減しています。


本来のフリマアプリに、だいぶ戻った感じがしますね。


業者が大量に、キレイなモデルを使った写真を、載せまくっていると、


個人が、ちょっとスマホで写真パシャしたような、

素人丸出しの商品なんか、埋もれて、売れなくなってしまいますからね。



そもそも、フリマアプリで、気軽に不用品を出品して売りまくっていた人が、

売れなくなってしまうと、ユーザー離れが進んでしまうから、


今回のメルカリの措置は、仕方がないことでしょう。



前からわかっていたことです。


ツールに頼りすぎると、

いつか使えなくなる。



メルカリは熱い市場だけに、参入者がイッキに増えると、

イッキに対策を講じて、イッキに稼げなくなる、ということで、


メルカリは、ツール使って楽して稼げる、

という状況は、

1年ちょっとで終わってしまいましたね。



しかしまぁ、


猛者は居るもので、


私の運営しているコミュニティの仲間が、

今回のメルカリアップデートによる、

API変更や、その他の修正について、


ツールで対応する、めどがたったそうです。




当方の運営している転売ビジネスコミュニティは、

メルカリだけに特化しておらず、

ヤフオク、フリマ、ラクマ、アマゾン等、

幅広く対応していますので、

1つの市場が使えなくなっても、
全然平気なのが強みです。



また、当方のコミュニティの参加者だけが、使える


秘密のツールがあるので、

もう間もなく独占状態に近くなるでしょう。


なーんてね。
ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。

独占はともかく、このライバルが激減したチャンスは、

いち早く活かすべきでしょう。




関連記事こちら。



http://realshozai.jp/blog-entry-747.html


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


ホンモノコレクションズはこちらから。
http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。

【悲報】メルカリは、もう稼げない。ツイに事務局が、メルカリ出品ツール撤廃に動く!!(ツール全滅)

ヤスです。
(*´ω`*)


今日のオハナシは、


メルカリは、

個人対個人のフリマアプリに
完全に戻ります、

ということです。

つまり、ネットビジネスという観点から、
大量の商品を出品して稼ぐような、

大掛かりな仕掛けをすることはできなくなり、


メルカリだけで30万円以上稼げた人が、

全く稼げなくなる、という衝撃の事態になりました。




メルカリのツール全滅の衝撃波が押し寄せる!!。







ドドおドドドドドドドドドドドド怒怒怒怒怒怒どどお度dlどぉォォォォォォっぉ!ん




ネットビジネスのジャンルの中で、

もっともわかりやすくて、

もっとも初心者が稼ぎやすくて、

もっとも即金に近くて、



とっても人気のあるのが、


転売、という稼ぎ方ですね。


ところが、欠点もあります。



最大の欠点は、


参加者が増えると、

市場飽和、という事態に陥ること。


また、
常にトレンド、というものがあって、


売れる市場、優位な市場がコロコロ変わり、

それに応じて、自分も変化していかないといけない、

という、


常に情報収集が欠かせないジャンルでもあります。


つまり


今稼げている人が、半年後に全く稼げなくなることは、良くあります。



そして、今回も、そうなる可能性が、非常に高いです。




メルカリは、もうすでにご存知でしょうから、詳しくは書かないですけど、


ヤフオクと並んで、人気の売買市場、ですよね。


長年、トップだったヤフオクの使用人口を抜いて、

メルカリがトップに躍り出たことから、


2016年の転売トレンドは、
メルカリが主戦場と化していましたね。


メルカリは、そもそも、個人対個人のフリマアプリ、ですから、

そこに業者が入り込まないように、規制がずーっと続いていました。



もし、業者がメルカリにて、大量に安く販売を開始すると、


業者が大量に出品したものが、ずらっと並び、

個人が出品したものがどんどん埋もれてしまって、


個人がフリマアプリとして使っていたメルカリが、

そうでなくなってしまって、急速にしぼんでしまう、


ということになります。


メルカリにとっては死活問題。



メルカリの業者禁止の規制は、
規約から少し前に無くなっているのですが、


メルカリにとっては、

業者は、望まれざる存在なのは変わりなく、


その対策を次々と講じています。



まず、メルカリに出品しようとする時には、

本来は、
メルカリ自身が発行している

公式のスマホ版メルカリアプリ もしくは PC版メルカリサイトのいずれかしか、

出品が出来ないはずなんですね。



メルカリ本社のサーバと、

個人のスマホ内にあるメルカリアプリとの間の

通信の方法や暗号などを規定した、

API(Application Programming Interface)


が、メルカリは当然、非公開にしているから、なんですが、


ところが、

昨年の半ば頃に

メルカリアプリとの間の通信を監視して、
どういうやりとりをしているかを、完全にハッキングして、

APIを突き止めた猛者が居まして、


それを元に、いくつもの、メルカリ出品ツールが作られてきました。



そうすると、

メルカリに対して、大量出品が可能になり、

メルカリにとって望まれざる人が、大量に参入してくる事態になったわけです。


それが、2016年の春以降、

顕著になってきました。


同じ写真、同じ説明文で、大量に同じような商品がズラッと並ぶ、のを目にした方も多いかと思います。


一度売れた商品を、自動で指定時間に再出品したり、

売れた相手に対して、自動的に定型文を送信したり、

売れやすい深夜の時間帯に狙い撃ちで再出品をかけたり、



手動で出品しているのと比べて、労力を10分の1以下にできるので、

副業のカタテマでやっている人が、

月に何十万もメルカリで稼げるようになったんですね。




ところが。


もともとが、ハッキングで使えるようになっていたツールですから、

メルカリとしても、対策をこまねいていたわけではありません。


まず第1段階として、

人海戦術による、大量出品者のアカウント強制停止。


1アカウントで、毎日大量に出品している人に目をつけて、

ちょっとでも規約違反に該当すると判断したら、

容赦なく、アカウント停止に、追い込んできました。



そして次に、ハッキングでバレた暗号などの通信方式APIを、
変更するという究極の手段に出ました。


そのままでは、公式アプリ側でも通信できなくなるわけなので、

用意周到にすすめられてきまして、準備が出来たのでしょう。

今回APIの変更もかかりました。


それにより、
メルカリ出品のツールは、全滅しました。



しかし、一度ハッキングによるAPI解析に成功しているので、
同じ手段で、APIを再解析して、ツールによる再出品を可能にした

凄腕プログラマもありまして、


3日の停止だけで、再度出品ができるようになったツールも存在します。

(対応しないツールも多々ありますので、すでに使えなくなったツールもあります)



しかし、メルカリは今度はさらに上をいきました。


おそらく、公式アプリにしか出来ない、

純正の証、があるんでしょうね。


それが無いと、APIを解析して出品が出来ても、

ツール経由で出品したモノに関しては、ハンデを儲けるように仕様変更を行っていました。


具体的には、


ツール経由で出品したものに対しては、

タイトルを、フルワードで検索しないと、検索結果に出ないように変更されているようです。



今までは、キーワードの一部だけでも、検索してヒットしていた商品が、

同じキーワードで出品しても、



ツール経由で出品すると、検索結果に出てこない→つまり、購入者には、出品されていても探せない

という状態になってしまいました。


事実上、ツール経由で出品しても、全く売れなくなる、という結果に。


もし、今後、その純正の証である何か、を、誰かがまたハッキングするまでは、

ツールは使えない、ということになりました。



事実上、今のところ、メルカリツールは全滅ですね。


これで、ツールによる大量出品に頼っていた人は、完全に淘汰されていくので、

手動でコツコツ出品していた人だけが残っていくということになりますね。



メルカリツールは、そもそも非公式ですので、
仕方がないところです。

各ツールのメーカーは、対応に迫られていて、

今回はメルカリ側の大幅変更によるものなので、
すぐに対応できるかどうかは、まだわかりません。

修正がすぐされれば、再度使えるようになるでしょうが、
まだ、各社未定のようです。



アマゾンやeBayのように最初からAPIを公開していて、

ツールを独自に作り放題な市場であれば、

堂々と長く商売が可能ですが、


メルカリは一時的でしたね。


今後は、メルカリは手動による出品しか出来ないので、
(いまのところ)


もっとも有利なのは、ヤフオク、ということになります。

ヤフオクのスマホ版アプリは、公式でありながら、一括再出品ができるのが、
最大のウリでしょうね。



当ブログで、最大限オススメしているよこどりっち、ですが、
マニュアルには、メルカリをメインに記述していますが、

こちらも、ヤフオクメインにシフトしていったほうが、

今後、無難でしょう。


こういった環境の変化というのは、常に情報を知っていたほうが、
断然有利です、

というより、

知らないとアウトですよね。


当方で、情報交換を常に行っているコミュニティがありますので、

よこどりっち購入者には、特典で、参加権利がありますので、

ぜひ、お知らせください。


よこどりっちを、ご存じない方は、
まずこちらの記事からどうぞ。



【超特典!!】山下慎一郎 爆売ショッピング(ヨコどリッチ)ネット上の業務スーパーは稼げるか(GET)




記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


ホンモノコレクションズはこちらから。
http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。
Copyright © ニセモノを見抜け ホンモノの稼げる情報商材はコレだ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます