ヤスです。
Σ(´∀`;)



当方の運営するコミュニティにこんな投稿がありました。


近藤さん、この前は

中国人富裕層1個600万の商品

利益180万で売ってました。


PayPalのインボイス6枚に分けて

600万入金w 

しかも無在庫です(笑)





少し前にも、近藤さんを紹介したことがありますが、

彼は、転売ビジネススタート後わずか3ヶ月で、

月の利益ベースで50万円超えを果たし、

最短実績者として、各地のセミナーにも講師として参加するなどの
実力者なのですが、

人懐っこい性格なのも功を奏して、

前回のセミナー参加者にも好評でした。


近藤凌太(近藤りょうた) eBAY輸出最強伝説、その武勇伝はイカに!





URL

http://exim-trader.com/letter/ikikiri/index.html



今回の、案内を見た瞬間、


即、


これはヤヴァイ!


と直感しました。



近藤さんの先輩には、中本さんという方がいます。


先述の中本さんは、月商1160万円を売り上げているスゴイ人です。

こちらはその中本さんの実績の一例。







私のコミュニティの仲間が、

実際に、中本さんのセミナーに何度も出席し、

中本さんのスクールにも参加し、

その実力を、

私も目撃していますし、


しかも国内転売と違い、1個売れたときの利益が
大きいので、

とても稼ぎやすいんですよね。




ところで、収入の方程式をご存知ですか?


収入=単価×成約率×個数


です。


国内転売、

たとえばメルカリやヤフオクといったところは、
日本人同士で、日本語で全てやりとりができるため、

当然、気軽に出品できる、というのが、



1個売れたときの利益がそんなに大きくできないので

(日本人の常識的な価格より、そんなに利益を載せると
 売れなくなってしまう)


1個売れたときの単価が低いのが欠点です





日本には、世界最高のブランドである、


MADE IN JAPAN


があります。

いくら高くても、イイモノが欲しい、という

富裕層の外国人の方は、お金に糸目をつけないので、

イイモノは、高く売れつつ、喜ばれます。


「アメぃジング!」



実際に、私の仲間も教えてもらったノウハウを活かして、

毎日、eBAYからの売上が上がって、大きく利益が出ていますし、


誰もが知っているある企業の社長さんからのオーダーが来てビックリした、

という事例もたくさん報告されてきています。



して、キニナル中身を、サッソクみてみましょう。



こちらが

中本さんも、近藤さんも、私のコミュニティ仲間も使う、

PEACEの画面です。





MADE IN JAPANの代表格、

「ハローキティ」を検索した時の様子です。


画面では、アマゾンに出品されているキティちゃんの

一覧がずら~っと並びます。


価格、在庫の有り無し、受取日数まで
一覧で出てきます。



そして、その横に、

eBAY出品ボタンが、ありますね。

コレがもう、スゴイですよ。


英語に翻訳された上で、

eBAY出品がほぼ自動で終わります。




なので、やることは、

間違いがないかのチェックと、

微修正のみ。



Amazonだけじゃなく、楽天も、ほかのサイトも含めて、
表示されるので、

仕入先に困ることは無いでしょう。



しかも、このツール、

かなり早く表示されて、快適サクサクですよ〜。

一瞬でリサーチされます。


出品も3分から5分。

慣れたら30秒、というのも、本当なんです。




近藤綾太
さんは、

こちらも、1日200万円売り上げた実績もある、スゴイ人です。


ebayスタートして3ケ月目で会社をヤメて、独立。


開始初月に「20万円の利益」
2ケ月目に「30万円 同上」
3ケ月目に「50万円 同上」


安定的に50万円の利益が出ていたので
スタート4ケ月目に独立して専業になったという

超・ツワモノです。

その努力の半端ないことに、中本さんもタイコバン。



スタートして4~5ケ月目位

こんなエピソードが。


ギターを販売したドバイのお客さん(プロミュージシャン)に招待され
近藤さんがドバイに行ったのですが、
それに中本さんも同行し、現地のギター業者さんと契約をしてきたと
聞いています。

人懐っこく人に好かれるタイプで、ウィットのある賢い人です。




近藤さんは
行動力があるだけでなく、進め方も独自の深め方をしていて

・早くリミットアップ額を上げるために、ほぼ毎日
 ebayへ電話をしていた
(英会話の勉強のつもりで、電話していたそう:笑)
 
 結果、ebay担当者と仲良くなり
 かなり早いスピードでリミットを上げてもらった。


・顧客管理を徹底している。
 積極的にお客さまとコミュニケーションを取って
 「欲しいモノ」を聞き出し、リスト化。

 商品を見つけたら、個別に連絡をし販売へ繋げる。
 お客さま側からすると
 ”半年も前の、僕の要望を覚えていてくれた!”
 近藤さんのファンになり、固定化&顧客増。


・出品後の検証法も独自の方法を極めていて
 常に売れる方法を模索している勉強家です。



近藤さんも英語は得意でないと話していますが
 (まあまあイケる印象あり)
中本式「人とのご縁を大切にする」を実践する為
臆せずにお客さまとコミュニケーションを深めて
成功している感があります。



今回のセミナーで聞ける内容は、




と書いてあるんですけど、

どれも本当なんです。




実際に目の前で、実演しているのを見たい、

という感想も多く聞かれました。



8月13日(日)まで実演会参加申し込み
ができます。

ちょっと、スゴすぎないですか?


参加の条件等、キニナラナイ方以外は、

下のボタンから詳しい案内記事へ行くので、先へどうぞ。




http://exim-trader.com/letter/ikikiri/index.html



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。