まずは、コチラをご覧ください。





DCMの公式PVです。
ただし、英語版です。


なぜ英語版なのかは、あとで明かしますね。



ヤスです。
(*´ω`*)



ここ数日間で、


超有名ブロガーさんが、

何人も、


私もプロジェクトに深く関わっている

「DCM」

デジタルカレンシーマイニングコインに

ついて、

宣伝をされてますね。


本家 DCM公認ファンクラブを運営してます!!












必ず、こういうのには、

2ch系とか、5ch系とか、

批判記事を書く人が出てくるので、



一応、お伝えしておきますが、


「DCM」に関しては、


当方が3年以上前から、動きを追っている、


本当にスゴイ、プロジェクトに間違いありません。


ただ、それに、便乗されている方が多々あります。



宣伝をしていただくのは有り難いことですが、


一部、間違ったままの情報で、

勝手に売り込んでいる人が紛れているので、



正確な情報をお伝えしたいと思います。



なぜなら、


公認ファンクラブを、私と仲間で運営しているから



デジタルカレンシー社直結の情報が、

速報で入ってくる立場なので、


世界で最も早く、

正確な情報をお伝えする立場であります。



DCMは、海外版DCMとして、

最初から開発されておりまして、


最初のPVも英語、

ホワイトペーパーも英語。


あと、韓国語と中国語と、ドバイの言語、の4つしか

準備されませんので、

日本人は、実は、蚊帳の外。



なぜなら、プレセール等で、

DCMを先行して手に入れているのは

現在のところ、まだ日本人だけ。



なので、日本人が、市場ですぐ売れる状況だと

DCMの価格が、撃沈してしまうので、


日本人が、すぐには売れない状況を作り出して、

海外で盛り上げて、価格を上げたり、

取引総量を大幅に増やして、


あとで日本人が多少売っても、大丈夫な状況に
なってから、


日本人が取引所で売買できる状況に
もっていく、というのが、

DCMの戦略です。



ですので、日本では

デジタルカレンシーの公式代理店として

運営しているのは、わずか数社しかなくて、


さらに、

DCM公認ファンクラブ

を運営しているのは

当方が日本で、唯一です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


DCMについて、間違った情報が、流れております。





1・総発行枚数について。



DCMの総発行枚数は10億枚です。


これは、イーサプローラーで確認できますので
分かる人は、見てくださいね。


しかし、実際に市場流通するコイン枚数は、


まず、取引所に上場する際に、

保証コイン、というのを預ける必要があり、


複数箇所上場させると、

それだけで2億枚以上、
売れないようにロックされる分が発生します。



また、

デジタルカレンシーのマイニング事業によって、

DCM自身を買い上げていく仕組みなので、

1億枚程度は、

少なくとも、DCMを自動買上げされていくと

見られていますので、


その分も、ロックします。


そして、

DCMの送金手数料分が、回収されて、

慈善団体に寄付されるぶんがありますので、


それも、総発行枚数から、実質減っていく

ということなので、


数年後には10億枚から、1億枚程度まで

市場流通量を減らして、価値を上げていく作戦です。



今現在、

そのうち1億DCMだけ限定で、

マイニング工場組成などのために

先行、発行されております。


ただし、これは、

全世界レベルで1億DCM、です。



先日7/3、ドバイの王族からの招待で、

1人最低1000億円の資産を持っているという

王族120名以上を招待した、

DCMだけのカンファレンスがありまして、









そこでの大型商談も、現在進行中


という中でありますので


日本人相手のプレセールは、

もっと、限定されると思います。



2・多くのアフィリエイターさんが、

間違っているのが、


DCMコインを持ってるだけで、

マイニングで得られた報酬を、

ビットコインでもらえる、




という勘違いです。


これは
100%間違い

ですので、要注意です。



DCMそのものは、配当はありません。




配当があるのは、


デジタルカレンシーの行う、

マイニングマシンオーナー制度を利用して、

マイニングマシンのオーナーになった方のみ、

ビットコインで毎月得られます。



マイニングマシンオーナー制度と、

DCMコインは、


全く別の案件で、

2つあるので、


DCMもっていながら、
マイニングマシンオーナーではない人には

配当はありません。






混同して、そのまま宣伝している人が多いので、

本当に気をつけてください。




配当の代わりに、

マイニング事業で得られる収益の一部を

DCMの相場市場に、買いで投入して、

つまり、デジタルカレンシーが、

得られたビットコインを使って、

毎日、DCMを自動で買上げしていくので、



1DCMあたりの市場価格が、
勝手に上昇していく仕組みです。



仮想通貨の資産は、


DCMの所持枚数 ✕ 1DCMあたりの単価


の掛け算で決まります。


たとえば10000DCM所持していて、
1DCMあたり150円なら、

150万円の総資産です。


配当、ということですと、

10000DCMが10010DCMに増えたり、

枚数が増えることですが、


それは100%ありません。


しかし、1DCMあたりの市場価格が、

上がるように、マイニング事業収益を投入するので


右側の数値が上がります。


たとえば、1000円になるまでは

少なくとも、DCM市場でDCMを自社買いすると

言われていますので、


10000DCM ✕ 1000円=1000万円

までは、放置しておいても、

資産が増える、ということは言えます。


それに比べて、
配当が出るだけ、だということは、

10100DCMになったとして、
相場価格がたとえば150円だとすれば、

10100 ✕ 150 =151万5000円


その差は一目瞭然。


相場価格の上昇のほうが、
どれだけ資産に影響するか、

すぐに分かると思います。



ただし、いつ1000円になる、という

時期的なものは明言されてませんので、

そこは絶対に、要注意です。




また、


将来にわたって、永遠に配当がない、

ということではなくて、

少し時間はかかりますが、

配当という名前ではありませんが、


株主優待のように、

持っているだけで特典が得られる、


という仕組みの構築を、

複数の会社と現在交渉中で、

準備が進んでいます。


まだまだ解決しないといけないハードルが高いので、

年内は、どうかわかりませんが、



マイニングで得られる収益からのビットコイン配当

ではないことだけは、

100%間違いありませんので、


月利10%以上もらえる、とか、


誇大なことを言っている人がありましたら、

それは間違いです。


正しい、正確な、最新の情報で、

本当にスゴイDCMを、

キチンと理解してから、



本当に納得された方だけ、

DCMを手にしていただければ、

幸いだと思っております。




すでに、2年間発行し続けている

週3刊行のメルマガはコチラです。


「THEマイニングコインタイムス」



https://form.os7.biz/f/e793ff9f/





LINEのほうが、速報が流れます。



当方が、3年前から運営している、

DCMのファンクラブ参加はコチラから可能です。




http://realshozai.secret.jp/lineqr/qr/



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。