ヤスです。
(*´艸`*)


先日、ヤス的に、予想した888万円の案件、

見事に外れました。

読者の皆様、ゴメンナサイ(TдT)

もっと、まともなもの(国債売買)だと思っていたのですが、

実際には、更にもっとヤヴァイ内容でしたね。

福原直樹 エルミネ 驚愕の世界初最先端ビジネス(中身を当てたら888万円!)その2






動画6話目まで↓

http://pgp-s.link/w/r9pkwz2e06/



ワタシ的に、国債だと推理しましたが、
まともすぎました。

私の記事を参考にして、国債だーと言った人も沢山あったようです。

他にも、FXなどの投資や、色々言われていましたが、



なんと、仮想通貨(ビットコイン)のアービトラージだったとは!

通過の乱高下の差額で稼ぐ事ですね。


しかも、独自の仮想通貨(オーナーズコイン)をやってしまうとは。

ビットコインなどのすでに流通しているものならば、世界初ではないですが、
独自のものなら世界初、それはそうでしょうが。


ビットコインの相場は、毎日ものすごい変動していて、
株相場のようなわけには行かず、

毎日、高騰したり、暴落してみたり、を繰り返しています。
つまり、大儲けもできますが、
大損もします。

単なるギャンブルですが、
ビジネスと言い切ってしまっている時点で、

かなりヤヴァイですね。

オーナーズコインの価値が、必ず上がると、
言い切れますでしょうか?



結局、確かに大方のレビュアーの予想を覆して、
ほぼ誰も言い当てていないようです。

仮に言い当てた人が居ても、
コメント削除してしまえば、

いくらでも隠蔽できるでしょうけども。

PGPオーナーズクラブ、
という、高額塾は、当然のごとく控えております。



では、信用してお金を預けていいのか、という話に変わりますね。


さて、ビットコインといえば、1年前の、この話題。

マウントごックス破錠から1年(C-NET japan記事)

信頼していて預けていたビットコインが、ずさんな管理で、

あっという間に、サイバー攻撃で

1円も消えてなくなる時代ですよ。


サイバー攻撃問題は、ほとんど毎日ニュースになっていますね。

中国や北朝鮮、ロシアなどの共産国などで、

サイバー攻撃部隊を養成していると、言われていますが

それらの能力は日に日に向上していて、


数日前には、アメリカの政府機関から、

職員情報を盗み出したり、アメリカ全人口の7%にあたる、

最大規模の情報漏洩を引き起こしたのですが、

中国が関与している、と、アメリカ側の報道がありました。

この件の犯人が誰であろうと、

鉄壁を誇るアメリカの政府機関のサイバーセキュリティをも

かいくぐる連中が相手です。

ビットコインの管理サーバがいつまでも平気とは、
言い切れないですね。

ビットコイン=お金ですよ。真っ先に狙いますよね?
お金が欲しければ銀行強盗、という図式と一緒です。

実際にマウントゴックスは、狙われてあっという間に破錠したのですから。

マウントゴックスは、単なる取引所の一つ、
と割り切る人もありますが、

間違えると
数千万円が一度に0になるのですから、

そのショックは計り知れません。

もっとも、事件を受けて、ビットコインの仕組みも、
改善されて、被害にあいにくいように変わっていて、

だいぶ状況は変わっているようですが。

それでも、自分が預けるビットコイン取引所の
セキュリティシステムが、絶対に大丈夫だと、いうことを
どうやって見極めることが出来るでしょう。


それらのことは、一切、情報を隠しているので、
PGPオーナーズクラブのセキュリティがどうなっているのか、
誰も分かりません。


1年経って、ほとぼりが冷めて、皆事件を忘れたころに、

世界初!と言って、オファーしているのは、

なんとも。


福原氏が、いくら動画で、大丈夫です!と言い切っても、

アメリカ政府機関でさえやられたサイバー攻撃部隊に、
太刀打ち出来ると思えますか?


誰でも楽して稼げる、という内容に、

皆さんは思えましたか?


思える方のみ、PGPオーナーズクラブに参加されたらどうでしょうか。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。