ヤスです。
(*´∀`*)

おや〜、と思われた方は、鋭いです。


せどり裏技大百科






URL↓
http://realbusines.com/letter/secret/

実は、一つ前の記事と、
全く同じ内容の商材を
全く同じ人が、

全く別の商材のように装って

あちこちのアフィリエイターから
流しているオファーです。

この他にももう一つあるそうです。

ヤスの先の記事はこちら↓

メルカリ、フリマ、LINEモールでスマホアプリ寄り道ビジネス

http://realshozai.blog.fc2.com/blog-entry-27.html




要するに、仕入れを、ネットではなく、

実際の色々なショップにいって

値引き交渉せよ
、ということですね。

これは、ネットビジネスに限らず、

なんでも安く購入するための
ノウハウですから、
もし、その裏技が本当なら、
とても嬉しい内容ですね。


しかし、それをビジネスでやろうとすると、
どうでしょう?

店員に値段交渉してモノを仕入れ
フリマアプリを複数駆使して出品
梱包して発送するのを


片手間と言うでしょうか?



ところ、ヤスは、元・家電量販店の店員です。

家電量販店は、特に特殊な業界で、
よく言われるキーワードで言えば、
すべての業界の中で、最も
スーパーレッドオーシャンです。


たとえばスーパーの野菜コーナーなら、

どのスーパーでも

同じ農家から同じ品質の野菜を仕入れる
ことはありませんので、

向こうのスーパーのほうが
安かったと主張しても、

商品が違うし、こちらの農家さんは
ここが違うんですよ、と言えますね。

しかし、家電量販店は、

どの家電量販店でも、同一メーカーの
同一工場で作られた、同一製品を扱っている
ので、

すぐに価格競争
になります。

例えば10万円のテレビがあったとして、
仕入原価は99500円

つまり、利益500円

ということはザラにあります。

顧客は10万円払ったつもりでも、
お店が受け取った利益はたった500円

500円稼ぐのに、必死に売り場を演出
しているのです。

そこで、テレビ単品だけ販売するのではなく、
レコーダーもしくはハードディスクを
最低でもセットで販売したり、

テレビと直接関係ない
NTTのフレッツ光を一緒に販売したり

長期延長保証の料金を上乗せしたりと、

ギリギリの利益を上げるために

とにかく苦労しています。

販売員は、それに対応するために
必死に勉強し、

家電アドバイザーなどの資格試験を
取得して、

店員の取得率が高いところをアピールして
そのお店から購入してもらうように

誘導しているお店が多いです。

でも、そんな努力をしていることを、お客は知りません。


だから、何のためらいもなく、

”これはいくらになるの?”

とあいさつ代わりに言い放ちます。

今、こういうあいさつをする人に対しては、

どこか、ウチより安くしている店
ありましたでしょうか?


と答える店員ばかりですよね。

また、会社ぐるみで
”成功している店員のトーク”の勉強会を
定期的に開催し、

もしくは他店のチラシを見られましたか?
など、必死に値引きさせないトークを
身につけています。

もし、今回の商材を手に入れて実践したい人は、

そういう情報武装されたベテランの店員を
相手に、価格交渉しなければなりません。



ここまで記事を読んでいただいて、

自分には無理だと思われた方は、

買わないほうが無難ですね。


ビジネスでやろうとすると、

同じ店に1回行って終わりなんてことはなく、
何回も何回も仕入れに行くのですよ。

このノウハウを実践できる人は、

どんなに店員に顔を覚えられても、
マークされても、平気な
厚顔無恥な人だけ?ではないでしょうか。


私流の、どんな業界にも通用する、
値引き交渉の最大の方法は、


1.店員も人間である、ことを理解し、
  店や商品をけなして値引きさせようとしない。

  この商品は、ここがこうだから、
  もっと安くなるんじゃないの?

  もしくは、あちらの店が安かった、
  などと、店員を逆なで

  みたいな交渉は、下手な人がやること。

2.購入したい商品をよく調べ、
  店員にある程度知識をしゃべり、
  その商品を褒める。



  店員に、”あなたはとってもいい商品を”
  扱ってくれているんですよ、と

  気分よくさせる。

  また、この人、”店員の自分より詳しい”

  ”ごまかして高く売ることは出来ない”

  と思われるように誘導すること。

3.最後に、

  とても欲しいが、これしかお金がないから、

  ぜひコレでお願いと、相手が無理でない範囲で

  こちらから値段を提示してしまう。


  この無理ならば、他の店を探すより仕方がないですね

  と言う。


相手や商品をけなすこと無く、
お金がないから、これでお願い、
という分には、

誰も気分悪くならず、
店員も気持ちよく値引き、

ひょっとしたらオマケを沢山くれることも
あります。


お金を払うのだから、
自分のほうが店員より上

という目線を捨てる事
が、

一番楽して値引きしてもらえる秘訣です。

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。