ヤスです。
(*´ω`*)

私のメルマガを読んで下さった方から、嬉しいメールを頂きました。

あまりに感動したので、勝手に引用してしまい、すみません。
ご了承下さい。

なお、メルマガを読まれる方はこちら。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。


一週間、為になる お話しを ありがとうございました。
毎日、時間の無い中 ヤスさんのメールだけは拝見させて頂きました。
無神論者なのですが、、仏教界に通じるような お話しを お会いした事も無い方から
頂くなんて。。
本当にありがとうございました。
何度も何度も 読み返して、動画も、静かに観れる時間に拝見させて頂きます。
ありがとうございました。



私、ブログのところどころに書いていますが、

仏教哲学を20年勉強しています。

と書くと、えっ?と思われる方もあるでしょう。

毎回書いていますが、
特別なことはなく、

日本人の考え方の根底にあるものは、仏教から来ていることが多いんですね。

こちらの記事も読んで下さい。
因果の道理。


私が、返信差し上げた本文、まるまる転載しますね。



わざわざメール頂きありがとうございます。

今後も、時々、不定期ですが、メルマガ配信しておりますので、
よろしくお願いします。

ちなみに、一番オススメのお話は、親の大恩十種の話です。

私の母親は56で他界しましたので、
孝行らしいことが何も出来ませんでした。

父親は、元気すぎるくらい元気なので、
今のウチにできることをしたいと思っています。


日本人のほとんどが、◯◯様と同じく、
「私は無神論者」「私は無宗教」と答えると思います。

でも、

日本人のほとんどが、正月には初詣に行って、12月にはクリスマス、

他にも

ハロウィンだのバレンタインだので盛り上がり、
葬式には仏教、工事があれば神主のお祓い、結婚式はキリスト式と、

まぁ、なんでもアリですよね。日本人だけです、宗教というものに無知なのは。

私のブログでも紹介しているドイツ在住の方からすると、
日本人の宗教観は異常、と思われています。

仏教の教えは、日本人の根本的な考え方になっているので、
別に普通のことですよ。

実は、世界の偉人達はこぞって、仏教を勉強しています。

スティーブ・ジョブズ(iPhoneを作っているアップル創業者)などは、
仏教信者として有名ですし、

アインシュタインは、般若心経の「色即是空、空即是色」を元に相対性理論を
発見したと言われていますし、

世界中の人工知能の研究者の模範とすべき教科書は、7000冊以上ある経典
です。

2600年も前の昔、当時は地動説(地球が中心で星が回っている)だったのに対し、

仏教は、この大宇宙には地球は塵の一つであって、
地球のようなものが無数に存在している、(十方微塵世界、と表現)
 
と現在の天文学で常識になっていることを喝破しており、


仏教は科学的だと言う人が居ますが、間違いで、

人類の科学のほうが、仏教にようやく少しづつ近づいてきた、

というのが本当なのです。

まだまだ、書きたいこと、多数ありますが、

夜遅いのでこの辺にしまして、

ここまで書いたらブログ記事にしたくなりました。
メルマガでも記事書いたら案内差し上げますね。

お楽しみに。




生きていればノーベル賞確実だった、この御方。


スティーブ・ジョブズ(前Apple CEO)さんは、

スタンフォード大学での公演の最中に、
日本を旅した事があって、その時に、仏教(禅宗)を学んだ、
という内容のことを話をしています。


今や、ガラケーの進化はほとんど止まり、携帯電話ショップへいくと、スマホだらけ。

ここまで、スマホだらけ、ネットにカンタンに繋がる世界を作り上げた立役者は、
もちろん、言うまでもなくスティーブ・ジョブズ率いた当時の
アップルのiPhone(2007年初代iPhone発売)です。

彼の根底にある思想には仏教がありました。
ガンの告知をされ、死を意識したジョブズは時間への概念が180度変わったように働きました。

そこには仏教の基本的思想が。

”諸行無常”

世の中に常がないことがわかったからこそ、鬼のように働くことが出来たのでしょう。



いつも新製品の発表会には、ジーンズに黒のタートルネック。
お馴染みのスタイルで登場したジョブズ氏。

成功者となりお金に困らなくなった時でも質素な生活をしていたのも、
Apple製品に見られる徹底したシンプルさも、仏教思想の影響があったと言えます。
公言されているわけではありませんが、彼の言葉からもそれは分かりますね。

禅宗の僧侶、乙川弘文氏に師事をしていました。

果たして自分の死を真剣に考えている人はどれほどいるでしょうか?

ここが成功者とそうではない者の分岐点、ですね。



先のスタンフォード大学での公演の途中で有名なセリフがあります。


(Stay Hangury,Stay foolish)


自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。
これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には

常に、

決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました。

何故なら、ありとあらゆる物事はほとんど全て…
外部からの期待の全て、己のプライドの全て、屈辱や挫折に対する恐怖の全て…

こういったものは我々が死んだ瞬間に全て、
きれいサッパリ消え去っていく以外ないものだからです。
そして後に残されるのは本当に大事なことだけ。

自分もいつかは死ぬ。



さらに続きます。


でも、あれを経験した今だから前より多少は確信を持って
君たち(公演を聞いている大学の学生)に言えることなんだが、

誰も死にたい人なんていないんだよね。

天国に行きたいと願う人ですら、
まさかそこに行くために死にたいとは思わない。

にも関わらず死は我々みんなが共有する終着点なんだ。
かつてそこから逃れられた人は誰一人としていない。



では、生きている今、何をすべきなのか。

人間は、死ぬために生きているのではなく、

ホンモノの幸せを求めて生きている。

これに異論を唱える人はないでしょう。


ブログでは、順番に読まれることが少ない為に、
できれば、
メルマガで、この続きを、書いていこうと思っています。

準備を開始したところなので、いつになるかわかりませんが、

あまりに深い話なので、
その一部なりとも、関心のある人に届けられれば、

それを読まれた方が、幸せにつながれば、

コレ以上の喜びはないですね。



もう一度当ブログのメルマガをご案内しますね。

メルマガを読まれる方はこちら。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。