ヤスです。
(*´ω`*)


なんじゃ、このタイトル。

身内を褒めて、どうするのか?

と思った方もあるかもしれませんね。


身内でさえ褒められない人が、
赤の他人を褒められるのか?



と逆に言いたいです。

私のところに沢山の方から、お問い合わせのメールを頂きます。


先日も、70歳超えの方からメールを頂きましたが、

ご自身を、”ポンコツ”と呼んでおられたので、



最初にお願いがあります。

"ポンコツ"は辞めて下さい。

自信のない方では、人に何かを提供して利益を得るネットビジネスでは成功できませんし、

ネットで稼いた経験が無くても、

70年間生きてきて、戦後間もない焼け野原から、
苦労を重ねて、生き抜いてきた経験があるじゃないですか?

それは、誰も真似の出来ないことですよ。




まだ、お返事はありませんが、
70超えの方なので、お返事もユックリで結構ですので、
そのうち感想を頂きたいなぁ、と内心思っております。




人間は、人から褒められたい、と常に思っている生き物です。

朝から晩まで名誉欲に振り回されて、

あなたも生きていますね?



そんなことない?


なら、鏡を見て、串で髪の毛をとかして、
顔を洗って、

それなりに服装を整えて出かけていくのは、

なぜでしょう?



人から悪く思われたくないからですね。

無人島なら、誰も気を使わないでしょう。


褒められたい、と自分のことしか考えないのが人間の本性ですので、

まして人を褒めよう、という気が起きるのは、余程のことです。

人の悪い所はすぐに目について、指摘をするのは簡単です。


あの人の悪いところは?と聞かれて、


「あの人の悪い所は、
 ココとココと、ココと、ココと・・・・。」

数えればキリがないですが、


じゃ、あの人のいい所は?


「えーっと、何かあったかなぁ。うーん、そういえば、
 こんなこともあったかなぁ〜」

と1つ挙がれば、上出来ですよね。


できるだけ、他人の長所を見つけて褒めるようにしよう、と
努力をしている人だけが、褒めてあげることができるのです。


息子が、父親を、褒めて褒めて、他人の前でも堂々と褒めて、

なんてことは、

世の中にはほとんどあり得ないくらいのことですね。

私も、親の大恩十種の話を聞くまでは、そんなことを思いませんでした。

当ブログ関連記事はこちら。
今日は、恩のお話(お前はもう、生かされている)⑤





突然ですが、

公務員といえば、だいたいの人のイメージは、


・自分たちの税金で養ってやっている

・税金のムダを使う金食い虫

・民間に比べて何にしても仕事のスピードが遅い

・説明会等でもわかりにくい、ハッキリしない、頼りない


こんな感じではないでしょうか。

とんでもない、公務員の立場を知らないから、
こんなことを言えるのでしょうが、


公務員とは、そもそも、公務、住民の皆が少しでも快適に、
安全に、幸せに暮らせるように努力している人なので、
正当に給料を貰って、仕事をしているのですが、

うちの父親は、いわゆる地方公務員を40年以上。

町役場の建設課長を長く勤めあげた筋金入り。


たとえば町で道路を通す、あるいは補修するなどの、ことがあれば、

現地住民の方への説明へ、足繁く通い、心を通じさせて、ナットクしてもらう

などの、交渉をズッと行っています。


「もし、俺が成功したというのならば、

 誰よりも沢山、ありがとう、という言葉を言ったからではないか。」


これが口癖です。

何でも、自分でやるのが当たり前であって、人が代わりにやってくれたら、ありがとう、
と常に言っています。おかげさまで、イイのが出来た、と、

関わった人全てに、具体的な内容を挙げて褒めて歩く達人、なんです。



たとえば、道の駅といえば、道の駅巡りを趣味にしている人もあるぐらい、

身近な観光として、大人気ですが、


全国で最初の道の駅を、町の人を説得して設立させたのも、うちの父です。

もっとも、全国初の道の駅は、9つ同時登録ですので、そのうちの1つ、ということになりますが。

今では、連日満車の大盛況ぶり。



国会議事堂の、官房長官のイスに座ったこともある父ですが

(あ、座っただけですけど笑)

と言っても、誰でも座ることのできることではなく、

ただの観光では入れない場所ですので、

現職国会議員と余程、仲良しでなければ、無理。

その現職国会議員と黒塗りの車に一緒に同乗しながら、

「あんたはカワイソウな人だねぇ。

 年間の半分は東京出張で単身赴任。家族とも会えないんだねぇ。」


「そうなんですよ〜わかりますぅ」

と、なんのその。




他にも沢山の武勇伝がある父ですが、

一切、それを鼻にかけて自慢することもなく。

「公務員で給料を貰ってやっただけ、
しいていえば、充実感があったのが幸せなことかな。」

この父の影響が、私に大きいことは、

記事を読んでもらえれば、わかりますよね。




記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。
 タグ
None