※ついに最終結末。夜逃げしました。記事こちら。
http://realshozai.jp/blog-entry-387.html

ヤスです。
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー



タレコミ情報がありましたので、緊急に記事にしました。

それは、先日から、数回記事にしておりました案件です。

本当にやヴぁいのかヤヴァくないのか、最後までご確認ください。



当ブログ記事こちら。


追記: WRAP(三上大輔 アルファネクスト)キャッシュカード送れ?


三上大輔 坂上隆一 不労所得?!近未来の全自動仕送りマシーン WRAPヤヴァイ!?




三上大輔 アルファネクスト WRAP






企業紹介のところに、

マイナンバーカードがきたら、取り引きをしている方全員、マイナンバーカードのコピーを提出していただきます。

との企業紹介のところに書いてありました。
社員でも無いのに、取り引きをしているからと言って、マイナンバーを知らせる事は、必要なのでしょうか?




サギけてーーーーーイ


マイナンバーカードのコピーの提出を、

求めている段階で、ヤヴァし。



基本的に、自治体の窓口以外と、勤務先に必要で提出する以外のマイナンバーカードナンバーは、
厳重に管理されて、個人情報漏洩したら罰則ですよ。

勤務先ではないアルファネクストに対して、どうしてマイナンバーカードコピー提出が必要なのか?



実は、この件に関しては、詐欺ではありません。



たとえばSBI証券の案内はこちら。

https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=none&dir=info&file=home_info150515_02.html


SBI証券の案内文

マイナンバーは社会保障や税金などの分野で活用するため、住民票を持つすべての方に通知される番号です。
SBI証券では、お客さまに代わり、特定口座の税金の計算や納付、法律で定められている各種支払調書等の交付を税務署に行っています。
来年以降も引き続きお取引をされるお客さまは、SBI証券にマイナンバーを提示いただく必要があります。
また、2016年1月からはNISA口座やジュニアNISA口座、特定口座の開設にマイナンバーが必要になります。




このように、証券会社に対しては、どこの証券会社でも、

マイナンバー通知を求められます。


総務省の案内
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/faq/faq4.html

これによると、保険会社も同等です。



ですので、アルファネクストとしては、金融商品取り扱いの証券会社と同等ということで、
マイナンバーカードの通知を求めている、ということになっているので、

この案内文が掲載されている事自体は、


詐欺ではない


ということです。

すでに参加されている方、ご安心ください。



それと、結果が出るかどうか、に関しては全く別物ですので、

実際に参加されている方からの報告が届き次第、
記事を更新しますのでお待ち下さい。

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。