ヤスです。
(*´∀`*)

ナンノコッチャ?

タイトルで、思った人。
関心のない人。

ハッキリ分かれそうですね。

核家族化と過疎化の揺り戻し




当ブログの、この記事。

すでに何軒か、メールを頂いております。

【告知】特別企画 うちの子育ての悩み解決してくれたら、3万円!


「何の悩みですか?!」


それを明かすのは、もうちょっと待って下さい。

一応公平にしないといけないので、

記事を読まなかった方が、後から知ったということになる為に、

あと3日、時間をおいております。





それと、関係なくはない、お話。




ちょっと前の、愛読書「日経ビジネス」に載っていたお話なんですが、

東京が福井になる?!

というタイトルの記事でした。


核家族化の比率が最も高いのが東京都。


ちょっと昔の家族構成は、

といっても、20年くらい前までは、普通でしたけどね。



まず、家が多人数で済むように、大きめに作られていました。



おじいちゃんおばあちゃん世代。

父母世代

子供世代。

ぷらすで孫世代。


4世代同居もかなりありました。



多人数で、お互い助けあって生きていました。


地域のつながりも、沢山ありました。


それは、農業を主体として、生計を立てていたのが、普通でしたので、

災害の多い日本、
土地が狭いなど環境の悪い日本の事情もあり、

隣近所同士、道具を融通しあったり、

助け合わなくては、皆、生きていけなかったのです。


だから、不平不満が多少あっても、それ以上に

助けてもらう、感謝があり。

その感謝から、報謝(感謝に報いる)の心が自然に起こる。



嫁姑の問題は、過去何万年も前からの問題ですが、


それでさえ、なんとか乗り越えなくては、皆生きていけない時代でした。


ところが、政府が決めた貿易の自由化の方策により、

お金が儲かる工業へシフト。

農業はどんどん衰退。地方から、労働力人口は

都市部へ都市部へ。



ウチの住んでいる地域も、200軒の家のうち、中学生以下のいる家は、

たった4軒。


それ以外は、高齢者しか住んでいない家です。
圧倒的限界集落化を、

たった20年の間に、したのです。


話に聞く所によると、色々な家はありますが、


私より親の世代、60〜70代付近の人の話を聞くと、


デタラメでしたね。


たとえば、子供に結婚相手を世話してくれる、という人がせっかくあって、

東京から、わざわざ会いにきてくれて、すぐそこまで連れて来ている、

というのに、

「なんだ!?この忙しい時に、

 オレが行って断ってきてやった」

と、あまりに横暴な態度。


紹介しようとした人は、連れてきた人に、平謝り。
次からは、もう二度と、紹介なんかしてやるか、

と腹が立つ。


親がその態度なので、40超えて結婚できない子供が3人。


子供は、結婚したいと思っていても、そんなこと言えず。

こんな親のせいで、結婚できないんだ、ともちろん、思っている。




平均して、50代以上の男は、仕事人間が圧倒的。

40代以上でも、まだまだほとんどが仕事人間。


30代くらいの最近、パパになった人は、

子育てにも参加して、イクメンという言葉が定着しつつあるようですね。



仕事人間な男は、


家に戻ると、何にも出来ないんで、

「オレが働いているから、お前らメシ食べられるんだゾ」という

態度で、家族に接するから、


妻も、子供も、段々嫌気がさしてくる。


仕事にストレスが溜ると、


酒やタバコに溺れる。


私は、ストレスフリーだから、酒もタバコも全くゼロ。


なんで、そんなものに手を出さなくてはいけないの?

不憫だねぇ。


酒に溺れた勢いで、


家族に八つ当たりするから、

父親の勢いの強いうちは、うるさいから黙っていて、

子供は成人して、自分でお金を稼げるようになれば、
家を飛び出して、二度と帰ってこないし、

妻は、夫が弱ってきたら、これ幸いと叩きのめす。


仕事ができなくなって定年退職したら、家の粗大ごみ。

「オレが稼いでくるからお前らメシ食べられるんだ」と、

言っていたのは、

「家族が仕事以外の全てを代わりにやって支えてくれていたから」

だということを、後になって知るのです。



東京は、農業よりも工業、工業よりもサービス業と、真っ先にシフトして
いますから、

こういったつながりのない人が、圧倒的。


人口は多く、人はいるのに、

つながりの全くない人が99.99%。

心は乾いていますよね。



最近、このことに気づいた20代、30代の人が、少しづつ増えてきて、

やっぱり、家族は沢山いたほうがいい、と、


多人数家族No1の福井県をみならって、

家族で幸せにくらせる方法を模索しているんだとか。




こちらのヒントも参考になりますかね?


一家和楽の秘訣〜悪人だとケンカにならない〜 幸せカウンセラーって何?


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。
 タグ
None