ヤスです。
ლ(´ڡ`ლ)


最近、ある人から、こんな話を聞きました。

というより、ネット上にも同じような、
話は、いくらでも流れているので、


知っているよ、聞いているよ、

という人も多いかもしれません。


問題は、だから、ドウスル、という話になるのか、ですよね。


日本は5年後に破錠するのか?2021年Xデー説





最近、こういう話題を持ちだして、だから、今のうちに、

日本ではなく海外に投資をして資金を避難させておきましょう、

というような話が出まわっております。



共通するのは、


2020年の次の年の2021年(五輪の翌年、5年後)に、

オリンピック効果の反動と、アベノミクス失敗で、

日本経済は壊滅的打撃を受けて破錠し、

銀行預金は、勝手に国債購入に使われているから、

国債が暴落して、破綻、

今の銀行預金は紙くず同然に変わる。


マイナンバー制度導入で、税金納入も監視される。

だから、取るものは取る、払うものは払わない。
日本はアブナイ。



だから、今のうちに、預金を海外に逃がして、

海外に投資をしましょう、


その有力な投資先は、

金と、

仮想通貨。



ということになるわけですね。




コレに対しては、


前半は異論があり、


後半は認めるところです。




まず、前半部分の話し。


5年後に、日本経済は破錠するのか?

こういう煽り方で、セールスを行うのは、

本気で、怒り爆発したいくらい、ですね。


まず、その根拠にしているのは、


東京五輪の特需の反動による、
経済活動の停滞。



東京五輪のGDPに対する効果、というのは、


1%押し上げる効果がある、と試算されています。


東京五輪の特需、というのは、


GDPのたった1%、なんです。


その反動も、当然のことながら、たった−1%ですよね。


一部の東京やその周辺の建設業界など、
影響の大きい業界関係者は、大変でしょう。

しかし、日本全体で見たら、極わずかの出来事なんです。


なのに、マスコミは大騒ぎするんですよ。
1%の話題を、100倍にして報道するんです。



木を見て森を見ず。


全体を知らない人は、

そういう話しに、右往左往して、慌てふためく。

その後の、投資話に、載せられてしまう。



もう一つは、

アベノミクス失敗。



私の父は公務員でしたから、

公務員=悪、というような、最初から言いがかりをつける論争には、

腹が立ってしょうがない面もあります。



公務員とは、時に自分を犠牲にしてでも、地域住民の為に活動する、

そういう正義感の塊のような人達なんです。



消防士しかり、

警察官しかり、



東日本大震災では、津波の避難を、最後まで、非常災害放送で呼びかけ続け、

そのまま津波に飲み込まれた女性職員もありました。



約30年前、私の住んでいる町が集中豪雨の水害で、平地が水没、
私の父が、災害対策本部の陣頭指揮を摂る、その立場にあり、

町の役場にいて、最後まで残り、

”これにて非常放送を終わります。皆さん、逃げてください。無事を祈ります”

と言い残して、自分も脱出できましたが、

これと重なります。


基本的に、日本の公務員は、真面目で優秀で、正義感の強い人達なんです。

それを、


公務員=税金で食わせてやっている、無駄遣いの温床、

というイメージで一括りにして、非難轟々、する輩は、



個人的には、



絶対に許せません。




中には、頭のいい一部の官僚たちが、
都合のいいように国の仕組みをいじくっているのは
厳然たる事実じゃないか、

という人もありますが、


まったく、何も知らないんだなぁ、と、
思わずにおれないです。



法律の、文言を、1つつくるのに、どれだけの人が、どれだけの努力をしているのか、

全く知らないから、こういう単純な発想を起こすんだ、とね。


もっとも、そういう裏方な部分は、テレビには出ないし、誰もしらないですよね。



唯一、私がよく見ている、日曜日朝のがっちりマンデー!!でのみ、

テレビ取材が入っただけで、他には公開されたことがないので、

知らなくても当然かもしれません。



1つの、法案を作るのに、法律の専門の勉強をしている人達が、6,7人集まって、


一文字一文字を、訓読みして
(音読みと訓読みがある場合、間違える場合があるので、訓読みに統一している)

絶対に1文字でも間違いがないように、何重ものチェックをしているのです。

その作業は、深夜にも、朝方にもおよび、

国会論戦に間に合わせなければならないのです。



大臣の答弁も、すべて、事前に事務方が原稿を準備し、

質問される内容もあらかじめ打ち合わせしておいて、

その返答も、準備され、万全の体制で、国会へ望むように、


よくテレビ局のクルーが、会社で毛布かけて寝て一夜過ごして、
なんてシーンがよく見かけますが、


霞が関の国家公務員も、同じで、必死に働いているんです。


安倍総理大臣とて、同じ。


秒単位のスケジュールに追われて、土日無く、休みなく日本全国を
駆けずり回り、毎日外交日程をこなしつつ、働きづくめ。

たまの休日でも、どこに行っているか、を公開しなくてはならず、

プライバシーもない。

総理大臣の答弁も、裏方が全部作っているのを、知らないんです。
どんな閣僚の発言も、前もって、総理大臣の許可を得たものでなければ、

あやうく口をすべらせるような人は、大臣にはなれないので、

人の上に立つ人は、発言を慎重に慎重に、当たり障りのないように、

言葉を選ぶわけです。



そうやって必死に働いている人に対して、


なーんにもしていない、ニートが、安倍首相を批判する。


こういう話は、反吐が出るほど、頭にきますね。



何にもしない人、能力の無い人ほど、人を批判する。

実力のない人の悪評は、見ていて気持ちが悪い。



消費増10%を決めて、民主党が抗議しているけど、

消費増税を決めたのは、民主党政権だったはず。

だから、野党がどれだけ集まっても、

国民は、批判するだけの党に価値はないと、見ぬいてしまっている。



国家の危機感から、そういう煽り方で、
売ろうとするのには、

もうやめて欲しいです。




さて、本題はここから。


では、国が破錠するのは、可能性としては、無いわけではないが、

皆で必死になって、そうなるまいと、努力しているのは、

分かったが、


あなたが勤務している会社が、倒産しないとも限らないし、

あなたがリストラされることは、

十分あり得ます。


30年以上続く会社というのはほんの僅か。


終身雇用と年功序列は完全に崩れており、


今まで副業禁止だった大企業が、
副業推奨、と変わるところもでているほど、

リストラに備えて、自分の身は自分で守れ、


という風潮です。



よく、年金暮らしで、今月180円しかない、どうやって暮らせばいいんだ、

とテレビで報道されるのが映りますよね。


現状は、そうなのは分かったが、

なぜそうなる前に、
準備をしてこなかったのか。

それは日本政府のせいなのか。


自分が怠けて努力もせず、貯金も何もしてこなかったのではないか。


中には、生活保護のお金を貰って、その場でパチンコへ行って全部使い果たし、
タクシー強盗をして運転手を殺害する、なんて、


もうマトモでない、人間の格好をしただけの人間でない生き物も、

最近は、多くなってきました。



自分の幸せは自分でつかめ。


当たり前のことですよね。




本題のクレジットコイン(仮想通貨)は、春に売り出される仮想通貨で、

金の採掘事業を一緒にやっている会社が提供するため、

金塊に交換できる、オプションがあるので、

価値が跳ね上がる可能性があるので、

今のうちに購入して”金”に交換しませんか?


と誘われて、


ネットビジネスの先輩と、その同期の人が説明を聞きにいく、

というので、

私も顔を出すことに。



・・・。



子連れなのと、嫁が具合悪くなり、車で待機している状況で、


本当に顔を出してあいさつをしただけで、

帰るハメになってしまいました、とさ。




ここまで引っ張って、そのオチかい!


詳しくは、先輩とその同期の方に、確認して、また記事を更新しますね。





記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。