ヤスです。
(*´∀`*)


私のブログで、

ニセモノ、と、ウソモノ、とを分けて、
紹介したり、考えているのは、

もう、皆さんご存知ですよね。


ニセモノ、の定義を、

ノウハウはウソではなく、
必死にやれば確かに稼げるが、

サポートがザルだったり、再現性が低かったり、
内容よりも、金額があまりに高すぎる場合、

といったものを、

ニセモノとして扱っています。



昨日の話ですが、

40歳のある人と、話をする機会がありました。

その人は、

JICA、青年海外協力隊のボランティアで、

モンゴルを訪問して2年間、
現地の工業高校にて、パソコンをはじめ、工学部の指導をして帰ってきたのです。





日本で言えば、高専に当たるものですが、
ただだだっ広いスペースに、机と椅子はあるものの、


設備は一切無し。


パソコンで簿記を教えて、経理を勉強させる科目だったのですが、

簿記、として宣伝すると人は集まらず、

ゲームを作るよというと、定員オーバーで殺到する、

パソコンは遊ぶ道具としか思われていないようで、

昔、日本でファミコンが流行りだした頃のような状態です。

日本で言えば、30年近く前の状況が、
今のモンゴル、になるわけですね。

その程度の理解しかされていない国で、
パソコンの指導をしてきて、

2年ぶりに帰国。日本でもモンゴルの関連の団体と協力して、
活動したいと、


県のモンゴル関連の団体を尋ねた所、

電話が一つ設置されているだけで、事務局には誰もおらず。

伽藍堂。

そこで、2年前に出発する際に、耳にはさんだ情報から、

私の住んでいる町には、モンゴルから来た人が2人いるらしい、とおぼえていて、

町の道の駅を尋ね、聞いてみることに。

ところが、人が入れ替わってしまって、昔のことは誰もわからない。


日本でモンゴルといえば、白鵬はじめとするお相撲さん、しか思い浮かばず、


誰も、話題にならず。


どこを訪ねても、何も手がかりがない中、

国道を走らせていると、

町の市役所支所が見つかり、

もしかすると、ここに行けば、誰か知っている人がいるかもしれない、

と受付へ飛び込み、

聞いてみると、ウチの父を紹介。


ウチの父は、モンゴル親善協会会長をやっており、

実は、モンゴル語ペラペラだったんですね。

この方の住所から、すぐ近かったので、待合せ場所に、
ウチの父の弟の自動車板金工場の事務所を指定。



この自動車鈑金修理工場には、

モンゴル人の貿易している人が通っていて、

中古部品や、古タイヤなどをコンテナに詰め込んで、
モンゴルへ輸出している人が仲間なので、

父の弟とも、話題がとても合致して、とても盛り上がり。

私もモンゴル親善協会の広報の新聞発行を担当しているので、
情報をいつもまとめる役。


こんなスゴイ人達が、こんな近所に居たのか、と

感動して帰って行きました。



ちなみに、父が、モンゴル語を勉強しはじめたのは、55歳を超えてから。

今75なので、かれこれ20年も、モンゴルと関わり、

10回は、モンゴル訪問しています。

私も1回だけ行ったことがありますが、


科学文明こそ、日本には劣りますが、

日本人が忘れてしまった、人間の心や、

そして、大自然の脅威、スゴさ、その中に生かされていることや、

人間がちっぽけな存在であること、

馬やラクダ、ヒツジといった動物達と共存、

そういったものを、すべて思い出させてくれる場所です。




その話は、置いておいて、

何が言いたかったのかというと、

この方が、私の父のところに訪ねてくるまでに、


ありとあらゆる可能性を見つけては、諦めずに、訪ね歩いた点。

その行動力。


海外へ行って苦労してきた人ならでは。


今の日本人は、欲しいものはなんでも手に入り、

だらしないこと極まりない。


自分で何もしなくても、


親がやってくれる、

他人がやってくれる、

国がやってくれる、

自治体がやってくれる、

看護師がやってくれる、

ヘルパーさんがやってくれる、



やってくれなかったら、不平不満を言う。



こんな人種は、日本人だけ。


いい加減、日本人よ目を覚ませ。


自分が自分を変えなかったら、自分の未来は無い。


まず、行動を起こす一歩を踏み出したければ、


私のメルマガを、登録して下さい。


ヒントを、一杯書いています。

【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。


Twitterもやっています。

ブログ記事更新すると、自動的につぶやいていますし、

ときどき、リアルつぶやきもしますが、
メルマガでの配信とは、中身が違いますので、


Twitterも登録(フォロー)してみてください。
  ↓

https://twitter.com/realshozai


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。