ヤスです。
(*´ω`*)



元家電量販店パソコンサポート担当、として、

このブログを公開している関係上、

結構聞かれるのは、


どんなパソコンがいいですか?!


と言われます。


先日も、私のアドバイスで、パソコンを購入された方があったので、
参考までに、書きたいと思います。

ネット職人のオススメは?




これは、アップルMacbookAirですね!



マイマシンです。



ネットビジネスをやっている人にとっては、

まさに相棒。


私の場合、真夜中でも相談のメールが届くし、

ふうっと起きて、メールを返信していることもあるので、
枕元にも置いておく必要があるので、

出来るだけ早く返信する為に、

24時間、近くに置いていないといけないのです。



軽さと、頑丈さと、そこそこの画面の大きさ、キーボードの打ちやすさを

全部兼ね備えていないといけない。


私の場合は、迷うこと無し。

2008年の初代MacbookAir発表後、
即、買いました。


MacbookAirを発表するスティーブ・ジョブズ氏。
封筒から取り出すプレゼンは有名すぎるくらい有名。


それ以来、MacbookAirを2回、乗り換えて使っています。



ネットビジネスでは、
WindowsとMacとどっちがいいんですか?

という質問もよく聞きます。


基本的には、どちらでもいいです。


ただし、ネットビジネスで使うツール類が
Windowsしか対応していないことが多いので、

Macだと、多少不便を感じることは時々あります。


ネットビジネス系のツールにかぎらず、

Windows専用のソフトや、周辺機器があるので、
それらを使わないといけない場合のみ、

どうしてもWindowsしかダメ、ということがあります。


たとえば、会計ソフトなどのビジネス関連ソフトや、

年賀状ソフト、などが代表例ですね。


どうしてもそういうソフトを使いたいときは、
Windowsマシンを選んでもいいですし、

MacにWindowsを入れるやり方もあります。


私の場合は、Mac上でWindowsアプリを動かす
Parallels Desktopというソフトを利用して、

解消しております。


Mac本体の値段プラス、
Windowsや、それらのソフトの値段もかかってくるので、
万人にオススメというわけではありません。


また、Macを使う人が、そんなに多くない、というのも、
選ぶときにポイントです。


わからないことがあった時に、どうするか?

ですね。

アップルストアが近くにある人はもちろんオッケーです。

なんでも聞けます。


そうでない人で、知り合いにMacユーザーがいる場合はいいですが、

Windowsしか知らない人ばかりだった場合には、

どうすればいいでしょうか?




・・・私に聞いて下さい!

フッフッフっ。



少し前にはなりますが、

Apple Products Professionalの

アップル社内試験に、

かなりハイレベルで合格しているので、

大抵のことは回答できますよ!


合格するともらえるプレート。

これを胸ポケットの名札と一緒にして、ずっと接客しておりました。

試験の際にランキングが出てくるのですが、
私より、上の人は、アップルストア勤務の人だと思います。

家電量販店でアップル製品取扱担当者、という人の中では、

当時、一番最高得点で合格しているので、

とりあえず、不明な点は、何でも聞いて下さい。

右サイドバーの問い合わせフォームから、お気軽にどうぞ。




Windowsパソコンは、いろいろなメーカーがパソコンを作っていますね。

NECだったり、富士通だったり、東芝だったり、VAIOだったり。
外資系メーカーであれば、レノボ、hp、デル、Acer、などなど。

パソコンの機械そのものは、

それら各メーカーが作っていますが、

中身のソフトは、というと、

Windows、というマイクロソフト製品が使われています。

そして、Windows上で動くソフトも、またいろいろなメーカーのものが

入っていて、パソコン全部、使い方が違ってくるのですね。


会社によって、すべての基準が違うので、

出てくる用語だったり、操作の方法だったりが、異なってきます。

これが、パソコンを、難しいモノ、としてしまっているのですね。


アップルのMacintoshは、パソコン本体もアップル製、中身で動くソフトも
全部アップル製なので、

すべての操作が統一されており、

また、iPhoneやiPadなどを使っておられる方には、
違和感がなく、使えるように、連携するようになっていますし、

それらApple製品だけで完結するので、操作に迷うことが少ないですよね。



MacbookAirは、アルミダイキャストボディなので、

汚れが少ないことも、愛着がわく理由の一つです。


Windowsパソコンでよくある、白い筐体のパソコンは、
垢などで汚れてくるし、日焼けしてくることもあるし、変色も目立ちます。

黒いピカピカ筐体の場合は、指紋が目立ったりしますね。


それに比べてMacのアルミ筐体は、汚れたらちょっと拭けば、

新品と全く変わらず。


私がMacを接客するときの必殺トークは

”キレイなまま、長く使えますよ”





一番新型のノーマルMacbook(Airじゃないタイプ)以外は、

全てのノート型Macの電源コードが、MagSafeと言って、



電気ポットの電源のように、マグネットでピタッとくっつくタイプの電源なんですが、

私のように、子供が電源コードをよく引っ張ったり、ツマヅイたりしてこけたり、

Windowsパソコンなら、そのまま落下して大破するか、

ジャック部分が曲がって充電できなくなるか、どちらかですが、

MagSafeなら、ポロッと外れるだけで、故障に繋がる心配は一切なし。

こんな細かいところまで気を配っているのですね。



どんなパソコンでも、故障することはあります。

そういうリスク面でも、Macは考えられていて、


外付けHDをつなげておけば自動的に、全部バックアップをとっていて

完全に故障しても、Macを買い換えれば、何事もなかったかのように
作業再開することができる機能(タイムマシン)があります。

iPhoneでは、iCloudという、アップルサーバ上に全部のデータを勝手にバックアップしてくれているので、

iPhoneを買い換えても、サーバからデータをダウンロードしなおして、
今までのiPhoneと同じように、電話帳も、アプリも、メールも全部カムバックしてくる機能があり

とても好評ですよね。

Macの場合はデータ量が多いので、外付けHDをつなぐのが前提ですが、
それでも繋げばバックアップしてくれている安心感は大きいです。

もっとぐうたらさん用に、タイムカプセルという、

無線LANも内蔵したオプションもあり、オススメです。



もはや、外付けHDをつながなくとも、無線でバックアップしてくれているので、

何もしなくていいです。


タイムマシン、遡り画面。

間違って文章を削除してゴミ箱空にしたあとに、

やっぱり戻したい場合。


上書き保存したデータを戻したい場合。


パソコン買い換えた場合。


こういった、使う人のことを最大限想定して、

見えない部分を徹底的にブラッシュアップしてくるのは、

さすがアップル。世界一の企業は、マインドが違います。



私がここまで説明したら、

その方、真っ直ぐアップルストア銀座へ直行されました。


テンション上がって開封。


箱を開ける瞬間から、ハッピーなパソコン。


さて、最初に出てきた、Mac購入者の方より。

はい!

やっぱりMacBookのフォルムはテンション上がりますね!

ちなみに行ってきたのは
銀座店です!

いろいろ見てしまうとまた迷い出しそうで
まっすぐAirに向かいました。笑


ありがとうございます。




銀座のアップルストア、

ワークショップとかを毎日開催していて、

行く度に、面白くって、

自由に行けるのなら、一日中入り浸っていたいです。
(嫁と子供が許しませんが ლ(´ڡ`ლ)パパぁ)



私のオススメでした。

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。