ヤスです。
(*´ω`*)


怒りの赤!


前回の、こちらの記事。

【速報】またまた、バトルの予感!(vsマスターマップ)ゴング!ゴング!(契約解除手続き開始)

この続きです。

マスターマップ、驚愕の中身





この写真に出ている、
21名は、全員、同じ穴のムジナ。ってわけです。キヲツケルべし。




読者の方より投稿、つづきです。


返金は諦めモードでしたが、
マスターマップの中身をを見て驚愕しました。





まず国民生活センター(188)
に相談をして、
非常に好意的ではありましたが、

何しろ、担当してくれたのが、

そもそも情報商材とは?それに詐欺ってあるの?
法律?ちんぷんかんぷん。

な、おばちゃん、にあたってしまった上に、


そもそも、旗岡氏は、2009年に一度ネット塾を開催して、
大炎上、返金騒ぎになって身を隠した経歴があり、

詐欺の時効は7年なので、ほとぼり覚めた頃に再び現れて、
今回のオファー。

トウゼン、法律的に矛盾している点を指摘されないよう、

すべてのキャンペーンページをさっさと削除、
動画をさっさと削除、

問題にならないように、当たり障りのないような表現。
用意周到に準備していました。


敵もサルモノ。


敵が敵なら、仲間も仲間。

さすがの、我等の仲間、
TACメンバーの一人が、

私が何も言っていなかったにもカカワラズ。

自主的に、
マスターマップの動画類を全部保存しておいてくれたんです。

感激すぎる!

武器が揃うじゃん!


んでもって、肝心のマスターマップの中身は、というと、


実質0円の今まで自己アフィリしてきた人でも
稼げると言っていた、
畑岡しか知らない2016年3月版自己アフィリ表。

これといった目新しい案件もなく。
クレジットカードとか何枚も作れるもんじゃないし。

転売リスト、自己分析シートは
サーバーの不具合かでダウンロードすらできず。

マスターマップの中身はというと、
音声でただビジネスマインド的な抽象的な話をしてるだけ。

アフィリエイトのノウハウは
サイトを作ってアドセンス広告で稼ごう的な。

普通のブログ作ってアドセンスで稼ごうって(ー ー;)


転売のこともネットの情報の方が
遥かに詳しく説明してくれてるわってくらい表面的に紹介。

もう読む気にもならず、わらえるくらいの内容です。


ビジネスマインドと当たり障りないノウハウで
どうやって初心者さんが10万稼ぐのでしょう?


マスターマップの購入者限定ページには
世界初の保証!1ヶ月で10万以上稼がせます
って書いてあるけど、、、笑


私はコールセンターに念を押して、
ノウハウがなくてもマスターマップだけでいいのか?って聞いたのに。
中身を曖昧にして売ってる情報商材ってヤバイんですね


これからノウハウを売っていく予定なのでしょうかね

畑岡のネットビジネスの考えが語られてるだけですね。
仲間を作ろうとか???って感じです。

生活センターは頼りないので
法律事務所に相談してみようかと思います。

お金がかかってもマスターマップに払うよりはマシです。





というわけで、

国民生活センターでうまくいく場合は、

クレジットカード会社、もしくは、
ASPとの、間に仲介に入ってくれる場合、

で、今回のように、
ASPが、インフォトップやアドモールのような
大手経由じゃない場合、
(マスターマップはインフォトップ経由の決済もあったのですが、
 それ以外のところから申し込んでいる方でした)


は、残念ながら、歯がたたないことがあります。
法律で論理的に矛盾を指摘して、攻め切れないと、

さすがに返金してくれないです。



では、どうするのかというと、

詐欺師たちに反論の余地を与えないほど、

決定的で理論的な文章で
攻撃しなければなかなか難しいです。



そしてその文章を作る上で絶対的な

「法律」を武器を使うわけです。



以下の点に当てはまる場合、

かなりの確率で

「返金せざるを得ない」対応を取らねばならなくなります。



・販売ページ(セールスレター)と購入した商品の内容は全く違う

・実際に購入する決断をする上で鍵となる情報をわざと隠して販売してた



上記のどちらかに当てはまる場合
今すぐ返金請求の準備をしましょう。



なぜか。
販売者は商品を販売する際に記載しなければならない

「特定商取引法」において、


法律違反であることが明確に記されており、

「法的な根拠」があるからです。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【特定商取引法 第12条】

表示事項などについての「著しく事実に相違する表示」や

「実際のものより著しく優良であり、もしくは有利であると

人を誤認させるような表示」は禁止されています。

上記行政規制に違反した事業者は、業務改善指示(法第14条)、

業務停止命令(法第15条)などの行政処分のほか、

罰則の対象となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さらに、
商品を販売する際には

特定商取引法のように記載しなくても


以下の「消費者契約法」という法律が適用されます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【消費者契約法 第4条】
消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、

当該消費者に対してある重要事項又は当該重要事項に関連する事項に

ついて当該消費者の利益となる旨を告げ、かつ、

当該重要事項について当該消費者の不利益となる事実

(当該告知により当該事実が存在しないと消費者が通常考えるべき

ものに限る。)を故意に告げなかったことにより、当該事実が存在しない

との誤認をし、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示

をしたときは、これを取り消すことができる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これらのことから、
商品の返金を請求をする時に、

2点の「法的な根拠」を提示した上で、

法的に「販売者は返金に応じなければならない」

と言う状況を作り出すのが一番効率の良い近道です。



この方には、
サンプルの文章をお渡ししていて、

これに加え、法律事務所への相談、

こちらが準備しておく、動画系。

これらをもって、
戦いを、再スタート。



ついに、




バトル第2章へ突入。



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。