ヤスです。
(´・ω・`)



とある方から、メールを頂き、相談にノッていたりしたのですが、

その方、いわゆる芸能事務所所属の”タレントさん”でして、

もう、その、なんというか、

週刊誌やワイドショーが喜びそうな、

業界関係者しか知らない、裏のドロドロ話しを教えてくれました。

今日のお話は、

人を5分で見抜け


です。


私、特技がありまして、

5分、話をすると、

その人の人間のレベルの程度が分かるんです。


メール等で送られてきた問い合わせ、でも同じ。

瞬時に、

この人は、ネットビジネスをやっても稼げそう。

この人は、残念でした見込みなし。

判断できます。



時々、こんなメールが届きます。


”本当に、稼げる商材を教えて下さい”



たった、これだけ。

こういう人は、絶対にムリ。
一生、暗い人生を送って下さい、残念でしたねぇ。


メールを1通送る際に、



相手はどんな人かなあ?

どんな書き方したら失礼にならないかなぁ?

教えてもらう以上は、何かできることないかなぁ?



少しやりとりした後であれば、


どんなことを書けば、感謝の気持ちが伝わるかなぁ?


こういうことを、私自身は気をつけておりますが、

それに対して、

さっきの1行だけの書き方を送ってくる人は、


気を使う、ということを知らない人、

つまり、自分さえよければイイ、という
自己中心的考え方の人だと、

一発で見抜きます。

そういう人には、
軽く、感じ悪くない程度に、あしらって終わり。




内心は、
あ~あ、私のブログのあちこちに、

こういうことはキヲツケマショウ、
と書いてあるのに、

一つも読んでいないんだなぁ、
と感ずるだけです。



反面、
非常に気を使って書いてきてくれる人も

結構あります。


”時々読ませていただいています。
◯◯な記事、自分にも参考になり、嬉しいです。

つきましては、△△について、教えてほしいのですが・・・。”



こういう、まず相手を気遣う、
そして、相手のことを褒め、自分もウレシイと表現。

その上で、聞きたいこと、お願いしたいことをちゃんと伝える。



こういう人は、


デキる人だなぁ、と直感します。





先述の芸能事務所の方の話しですが。


A芸能事務所と弱小B芸能事務所があって、

この方は、

A所属だったのですが、

A社は、優秀なら給料が出て、家も提供されるという高待遇。

しかし、A社長があまりに、理不尽で、
何度も言っているギャグを笑わなかった、といったような程度のことで
気に入らなければ降格して待遇を悪くする、と言った

横柄な30代若社長、で、

お金もあり、事務所も大きいのですが、

突然、B社に経営を任せることにしたから、
と、給料なし、家も無し、強制的にB社へ所属異動、

と宣告。20人中14人が辞めるという結果に。


B社は、給料なし、反対に授業料が発生する、家も無し。

社長が頼りなさ気な人なので、

仕事も少なく、A社から仕事をもらってやっていて、

B社の一番優秀だったマネージャーをA社が引き抜いたり、

あまり仕事をしないB社社長しか残らないなら、と

それまで残っていた人もA社へ移るなどして、

やる気のない人と、その方の4名ほどしか残らず。


まさに風前の灯、待ったなし、


なんとかネットビジネスで成功して、
お金の解決をしたい、

とのことでご相談頂いた次第です。




さて、この方にお話した全文を転載しますね。



後書きに書かれている、
裏事情の話、

マジですか、的な驚きと、
さもありなん、的な見方と、

両方ですね~。


人間は最後は自分が一番カワイイので、

A社社長と言えども、自分に有利になるように
必ず動きます。


それだけ、芸能界は、一部の人しか生き残れない

厳しい弱肉強食の世界なので、



他人を蹴落としてのし上がるのが、

常識ですからね~。



A社社長にこそ、言いたいです。

お金さえあれば幸せですか?


つまり、彼こそ、必死に自分と会社を守ろうと、

内心、オドオド焦っている、小心者なのです。


余裕のある力のある人なら、


態度も余裕で、ちょっとしたことくらいなら、

黙認するような人、



部下や所属している人が失敗しても、

俺が責任とるから、自由にやれ、



くらいな人こそ、大物です。


ヤクザでも下っ端のチンピラは、

すぐに脅してくるし、


小さな子犬ほど、
キャンキャン吠える。

力のない証拠ですわ。


人を見る目を持って、

信用できる人についていけることほど、

幸せなことはないですよ。



余計な話でした。





この方のお役に立てたかどうかは、わかりませんが。

少しでも明るい方向へ、進んでいければいいと思います。



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。
 タグ
None