※記事更新しました。



今日はいきなり動画からです。

ヤスです。
(*´艸`*)

今日も、マッタリ。

フワフワフワ〜っと。



ヌヌヌぬぬぬぬぬぬぬぬぬぉっぉっぉぉぉぉっぉ!



ハッ


ダブルビリオンFX 阪谷直人 バンク・オブ・アメリカでの実力派!



URL
http://wbillion.com/lp1td/


特定商取引法表示
販売業者 株式会社ヒトリメシサポート
運営統括責任者 武田佳祐
住所 東京都豊島区千早4−18−5
E-mail info@wbillion.com
電話番号 050-3470-1397




バンク・オブ・アメリカ
といえば、

世界最大、かつ最高峰の金融機関ですね。


そこで培った、月に20億円も稼いだ経験、
かつ、技術指導をしてきた阪谷直人さんが
ついに登場です。


キーワードはズバリ。

ファンダメンタルズ分析

(投資対象の国の経済状況の各指標を見極め、
 相場がどのように動くのかを予測する技術)




今まで、いろいろなFX教材を確認してきましたが、

このファンダメンタルズ分析について、

詳しく書いてある教材は、ほとんどありません。


重要な経済指標
(米国雇用統計といった、相場変動に影響がある数値の発表)
がある時間帯は
エントリーしないで様子をみましょう。

エントリーを避けて、リスクを回避しましょう。



これが今までに出てきた、
普通の教材です。

しかし、反対に、
ファンダメンタルズ分析の能力がある人は、

相場がどちらに大きく動くかを、あらかじめ予測できていますから、

ほかの人が、リスクを恐れて、
エントリーしないで、
本来ならゲットできた大金を、

みすみす逃しているにもカカワラズ、


それらを横目に、

大きく何十万と一度に稼げるように
なるわけですね。



それが差別化です。



売買サインツールだけに頼らず、

ファンダメンタルズ分析の能力を高めてくれる、

そのための教材&セミナーを、
今回、準備されているということで、

非常に注目しています。

楽して稼ごう、という人は、

ここで立ち去って下さい。

本気度MAXのあなたしか、
続きを見てはイケナイです。

かなり高難度の分野になることは覚悟が必要です。
それなりの金額のスクール、だということも、ね。


http://wbillion.com/lp1td/


全く初心者の方は、

いきなり数十万円の塾って大変ですね。

それに証券会社への入金も必要なので、

塾代+軍資金が、最初に必要です。


50万円ほど覚悟しておいたほうが、いいでしょう。
運用する軍資金は出来る限り多いほうが、


一度に大きく稼げるので、
結果を早く出します。


その代わり、2ヶ月後には、
100万円稼げるようになっている(かも)しれません。

本気度の高い、それだけ自己投資が出来る方は、

最初から狙うといいでしょうね。



FXの教材には、


①完全裁量決済の方法、のノウハウを教えてくれるマニュアル

②今が売りですよ、買いでですよ、というタイミングを教えてくれるサインツール(半裁量決済)

③自動売買(無裁量)



の3通りがあります。


今回のダブルミリオンFXは、

②のサインツール+ファンダメンタルズ分析を重視した裁量決済

という位置づけですね。


とにかく、ファンダメンタルズ分析は、

難易度が高いです。


ダブルミリオンFXには、ファンダメンタルズ分析を
加味したツールがあるとのことで、

今までにほとんど見たことがないものですね。

たとえば、FRB議長が、どんな発言をするのか、
それによって、どの通貨ペアが、どっちの方向へ(安、高)
一気に動くのかを読んで、

エントリーをする前に、教えてくれる、という理屈になるのですが、

もしそんなことが
パソコン自体にインストールできるレベルのツールで実現可能なら、

人工知能の世界がひっくり返りますね。

グーグルでも不可能でしょう。


世界No1のスパコン(スーパーコンピュータ)並みのパソコン(もはやパソコンじゃないですね)

でも、その分析は可能かどうか。


というわけで、

実際のところは、プロトレーダーなどの、
人間による分析結果を、定期的に送ってきて、
自動メンテナンスされるような、仕組みなんでしょうね。


そうすると、ファンダメンタルズ分析を行う人間の裁量によって、
結果は大きく左右されることになります。


プロに、自分の資金を運用してもらうのに等しい状態でしょうか。
市場には、いろいろな予測をする人がいて、

よくニュース等で、

”市場の予測よりも、悪かった為に、全面通貨安”

などというワードを聞きますが、


結局、市場の予測を発表する予想会社のデータによって、

それよりも良いか惡いかで、上がったり下がったりするのです。



初心者のうちは、

いろいろな証券会社が発行している、
経済指標カレンダーを見て、

(オススメの指標カレンダーの例 マネーパートナーズより)
http://www.moneypartners.co.jp/market/schdule


右のほうに、市場の予測と、前回値が、書いてありますが、
今回の結果、が記録された時には、もう相場が動いて、
大抵の個人投資家は、一瞬で負けて大損していますからね。


☆☆の、市場影響力の強い指標が発表される時間帯に、

エントリーしてポジションをもっていることのないように、

避けておくのがやっぱり一番無難です。

上の例では、日本時間の25:30(夜の1時30分)に、
米国FRBイエレン議長発言があると、

☆☆になっていますが、

この瞬間に、相場が一気に動いて、
多くの個人投資家が、大損するパターンが多いです。


コツコツドカーン
(利益をコツコツ積み上げていたのに、大きくドカーンと損をする)

にならないように、

お金に困っている、という方の場合は、

まずは、初心者でも出来る、サインツールで、

そこそこの軍資金を、まず準備する、
その上で、さらに上を目指すスクールなどの、
順番もオススメですね。

例)
http://realshozai.jp/blog-entry-246.html

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。