ヤスです。
(*´∀`*)


う~ん。


非常に理にかなっているセールスレターを見つけたよ。

東たかのり メイクルa マスタースクール



URL
http://x-resale.com/makel/1p/index.html

特定商取引法表示
販売業者 東たかのり
所在地 〒545-0001
大阪府大阪市阿倍野区天王寺町北2-12-5
電話番号 07056606351
Eメールアドレス info@x-resale.com
URL http://x-resale.com/makel/1p/index.html
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。



転売プレイヤーの皆さん、
価格競争に巻き込まれていませんか?



もしくは、



これから転売で稼ぎたいけど、

もうすでにライバルだらけの状態からスタートしたくない。




誰でも、そう思いますよね。



これは、実際にやっている人なら、誰しもぶち当たる問題です。


ライバルが多くて、過当競争となり、
同じ商品を扱えば、値段の安い人が圧倒的に有利になりますよね。


薄利多売になり、発送等の労力ばかりかかって、利益は少ない。

これじゃ、サラリーマンと全く変わらないですよね。



そこで、どうするか、というと、

他のライバルとの差別化
が、絶対に必要です。



じゃぁ、どうするかということですが、



絶対に真似されない商品を準備する。



これに尽きます。




あとは、amazonだけじゃなくて、

メルカリ、ヤフオク、フリマ、ラクマ、モバオクなど、

出品先を手広くする、というのも手ですね。




今回の東氏の無料セミナーで行われるお話は、



メイクル、という名前がついています。

Make、つまりメイクから来ている造語ですが、


つまり、あなたオリジナルの商品を作ってしまえ、

というわけです。



そんなことできるの?


出来るんです。



中国の大手ECサイト、アリババやタオバオといったサイトでは、

単純に商品を仕入れるだけじゃなく、



わずかの金額をプラスするだけで、
あなたオリジナルの商品を、作ることができるんですね。

大体の相場はこのとおりです。


ロゴ刻印 5円~15円
オリジナルステッカー 3円~30円
OPPパッケージ 2円~20円
布バッグ 10円~30円
説明書 5円~20円




デザインは、日本でシッカリしたところに依頼して作ってもらった方がいいですし、

依頼するやり方にコツがあるので、

誰でも彼でもできる、というものではありません。


中国人を相手に、

丁寧に何度も交渉をして、

購入側だから、といって横柄な態度を取らずに、

値下げ交渉も行いつつ。



それをやってのけた人は、

有利な条件で、オリジナルの商品を手に入れることができるので、


ライバル不在の独占状態で、価格競争に巻き込まれること無く

大きな利益を上げることは、可能ですね。






ちなみに、私が共同運営している物販コミュニティにて、

スマホのモバイルバッテリーのオリジナル商品を扱っていますが、

同じやり方で、ロゴマークをつけた独占商品、になります。



当然ながら、オリジナル商品であれば、

必ず売れる、とは限りません。


売れ残り在庫リスクは、余計に高まりますね。


下手なデザインのロゴマークがついていないほうが、
結果的に売れることもありますし、


在庫処分になったときには、
ロゴマークなんてないほうが、

処分しやすいです。



家電量販店でも、パソコン等を、メーカーに依頼して、

オリジナルモデル、というのを準備することが良く有ります。


他社とは、仕様を異なるようにして、

ヤマ◯電機だと、

●●●●/Y というような型番をつけて、オリジナルモデルだと、
アピールしていますね。

店員さんも、オリジナルモデルを売ろうと、必死です。

オリジナルモデルは、買い切りになるかわりに、
仕入れ値段を安くしてもらって利益が出るようにしているので、

絶対に売り切らないと、大損してしまうんですね。


ちなみに、

パソコンを中古で売ろうとすると、
オリジナルモデルは値段が安くなります。


オリジナルだから、価値が上がる、
とは限らない例ですね。



さて。



東氏の今回のオファーで、最大の特徴が、


中国からの輸入ではない、という点。


MADE IN China はご存知の通り、

粗悪品も、多数混じったまま、甘い検品で輸出されてきます。


A級品とB級品があり、

質の低いB級品が、多く出回ってきて、


高品質のA級品は、大手の商社に優先されて出回ってしまい、
個人の転売屋さんが手にするのは難しいようです。


日本の会社は、だんだんと、ベトナムとかタイあたりの国へ、
製造委託先を移行していますが、

まだまだ一般的ではありません。

が、中国製品より、よほど品質がよくて感心します。


今までは、オリジナル商品を作るのに、

中国のアリババやタオバオを経由するのが、一般的でしたが、


その他の国で、それが可能になれば、

かなり有利ですよね。


そのあたりがキモになるかと思います。


セミナーに参加される方は、そこのところをよく確認したらいいでしょう。


ただ、セミナーというのは基本、高額塾への落としの会、ですので、


どこの国から仕入れる等の情報を聞いたところで、

実際には、東氏の開催する塾に参加しないと、
どこのサイトから、どこの工場に依頼して生産していくのか、

などは、当然教えてもらえませんから、


よほどの覚悟が必要です。



メイクルa マスタースクールに参加する人、
おそらく100名から500名以上を募集するでしょうから、

それらの人たちが、塾生同士でライバルになる、というのを

忘れてはいけませんね。


あと、オリジナルのロゴデザイン等を、自分で行うか、
外注で依頼できるだけの能力のある人、でないと、

なかなか難しいと思いますので、

それらのことを承知の上で、


セミナーに参加すると、いいかもしれません。



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。