ヤスです。
(*´ω`*)


今日もマッタリ・・・。

・・・。

・・・・・・。

ヌヌヌぬぬぬぬぬぬぬぬぅゥゥゥゥゥゥっぅ!


ハッ

キヲトリナオシテ。

山口龍 S級トレーダーセミナー これはホンモノか!





URL
http://sb-trade.com/s-binary/miracle2/index.html

運営責任者 山口 龍
所在地 〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原1-3-20新大阪ステーションビル303
電話番号 080-4247-1195
Eメールアドレス info@sb-trade.com
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。




セールスレターを読んでみますと、

非常に、的を得ていることを書いているんですね。


ふむふむ。


思わず、納得。




これまでの、雑多な、バイナリーオプションの勧誘とは一線を画す内容で、

思わず、

「これはホンモノ?」

と思ってしまう、内容が書かれています。


アフィリエイトや転売が稼げなくて、バイナリーがいい、というのは、

自分のやり方の優位性を高めるための極論、だとは当然、思いますが、


バイナリーオプションのように、誰でもわかりやすい仕組みは、

そうそう他にないですね。



この図の通り、
トランプのハイロー、のように、

◯分後に円相場が上がるか、下がるかのどちらかに、

掛けていくだけ、ですので、


通常考えれば確率2分の1なんですね。

50%です。


ただ、50%ですと、

勝ったときに、証券会社の手数料に当たる部分が、差っ引かれていくので、

結果的に損をする、ということになります。


予想が当たれば、

掛けた金額×2倍(ー手数料相当分)、が返却されてくるので、

大体、1.8倍になるんですね。


予想がハズれれば没収ですから、

確率60%以上にしないと、

証券会社が儲かるように、最初から仕組まれているはずなんです。



確率を極限にまで高めるロジックによって、

82%、という強烈な数字にまで高めることに成功した、というのは、


ウソで100%とか、90%とかは、過去いくらでもありますが、


70%超えるのでも、かなり大変なのに、82%は、すごい数字ですね。


そこは、ツール+裁量、の結果、だとしています。



ちなみに、証券会社は、ハイローオーストラリアを使うようですね。



この画面は、ハイローオーストラリアの画面ですので、間違いないです。


ハイローオーストラリア、というのは、

名前の通り、オーストラリアの証券会社です。


ちなみに、

日本では、バイナリーオプションは2013年に法律の改正により規制がかかっていて、


ギャンブル性があまりにも高く、危険だとして、

短時間(1分とか30秒とか)のバイナリーは禁止になり、

2時間単位しかデキないようになったんですね。

1日に最大12回までしかエントリーできないわけです。


2時間、といっても、エントリーしてから2時間待つ、のではなく、
時間が指定されているので、

じゃあ、その指定の時間の1分前にエントリーしたら、

勝率が大幅に上がるのでは、という考えもあるんですけど、


そうは問屋がおろさない。


指定時間に近い時間でエントリーしたら、

返ってくる金額の倍率が、大幅に減って、
掛けた分しか戻らない、(プラスマイナス0)、なんてことも多々あり、

2時間前から掛けたのと、直前でエントリーしたのでは、
返ってくる金額が大幅に違う変動性になっているんですね。


というわけで、日本の証券会社のバイナリーオプションは、

非常に複雑になっており、単なる2択で、倍々ゲーム、なんて、

セールスレターの通りにはならないので、


日本の規制が及ばない、海外の証券会社を利用することになります。

中でも、日本人に最も愛用されていて評判がいいのが、

ハイローオーストラリア、

というわけですね。


海外の証券会社は、日本で、国税庁の関東財務局に、免許申請すると、
日本の証券会社と同じ規制がかかって、メリットが全然なくなってしまって、
日本国内の証券会社との競争に勝てなくなるため、

意図的に、免許申請しておらず、

結果、関東財務局は、海外の証券会社を、免許申請していないとして、

ほぼすべての海外の証券会社を、私たちは責任持てません、という意味で、

警告を発しているため、

ハイローオーストラリアを勧めるなんで詐欺だ、という人が多々あるんですが、

実はそうではないんです。


日本人は全員まともで、外国人は全員詐欺師なのか?

そういう、ヘイトスピーチ的な議論になってしまうので、

そうではない、裏事情があると、知っておいてください。


海外の証券会社の中には、ホントウにヤバイものもありますので、

気をつけなくてはいけませんが、ハイローオーストラリアに関しては、

実績もあり、日本向けのサポート充実しているので、利用者が非常に多いですね。




本題へ戻ります。




自分の勝手な判断でエントリーをしていた場合は、

確率50%、という負け組パターンになってしまいますが、

やはり、そこは、

勝てるようにする補助ツール、をもっているのが大事ですね。

ツールの良し悪しによって、

30万円で勝ったけど、勝率3割とか、

散々な結果を出すモノもあり、



本当に注意が必要です。
ツールはあくまでも補助ツール、として考えるべきで、

そこに、条件をいくつも追加して、

全部揃ったときだけエントリー、するという、



条件の良くないときはやらない、


という割り切り、を絶対持っていないといけません。



セールスレターに書いているように、


負けが2、3回続いたときに、

何くそー!と、負け分を取り返そうと、もっと大きな金額を掛けて、

さらに負けて大損する、というパターンに陥ります。



バイナリーオプションをギャンブルにしてしまうのは、

こういう、負け組に共通する、考え方でして、


勝てる人は、

勝てる相場以外は取引しない、ということなんです。


その見極めの為に、ツールを補助的に使い、


自己裁量による、取引を、必ず加えています。


だからこそ、

ある程度の知識の勉強も必要ですし、

練習や、ツールの使いこなし、などが必要になってきます。



誰でも彼でも楽して稼げる、と思ったら大間違いですけど、

当然、そのツールの使用料金や、

自己裁量のやり方などを教えてくれるスクールなり、塾なりが、

勧誘されてくることは間違いないですので、

セミナー1箇所あたりMAX10名、(全20箇所)の

少ない人数で行われますので、


なかなか断りにくい雰囲気になるかもしれません。

最初から、そういうものだ、というつもりで、


自分の目で良し悪しを確認された上で、

参加されるのは、悪くないでしょう。



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。