ヤスです。
(*´ω`*)


またまた、

詐欺的情報商材スクールで、返金に成功した事例が発生。

紹介しますね!


加藤明 マネーホーク 衝撃の実態トハ?




URL

セールスレターは消されました。




9月に募集が終了したマネーホーク、ですが、


問題点がいくつも有りました。



たった3クリックするだけで終わるマネーホーク、というモノの正体は、


ファッションショッピングサイトBUYMA(バイマ)

http://www.buyma.com/

に対して、

商品を出品するためのツール、でした。



ところが、たしかに3クリックで出品は終わるものの、


◯売れる商品のリサーチはどうするんだ。

◯一度商品を海外のショッピングサイトから、買ってきて、
 自宅に届いたものをCHECKして、

 再梱包して発送し直す必要があるので、
 3クリックどころではない労力が発生するのだが、

 契約を成立するためのセールスレター、動画では、

 一体何をするのか、そもそも言っていない。
 
 BUYMAであることすら伝えられなかった、というオソマツさ。

◯中にはBUYMAのアカウントを停止させられた人も出てきた。



そして極めつけが、


マネーホークのスクールが開始したすぐ後に、

 BUYMAのほうで規約とルールと、システムの改定が発生して、
 マネーホークのツールが一切使えなくなった。

 1ヶ月経っても、それに対応するシステムを作り直している最中、という不手際。


 
 さらに、事務局側からの情報によると、

 注文した商品を自宅等に届くのではなく、マネーホークの事務局に届けて、
 そちらで発送をするから、売れたら送り先を指定すればいいだけにするよう、

 今準備中で、それに対応したシステムに作り変えて開発中なので、
 
 それまで私(加藤明)を信じて(返金は)待って欲しい、


 とメールを送ってきたそうですが、

 その前にASPであるインフォカートから返金されてきたそうです。


 返金された後に、そんなメールをもらってもねぇ〜。




 詐欺まがい情報商材の返金の場合、


 事務局としては当然、こういう事態を想定していますので、

 返金して欲しいというメールを無視したり、
 相手にしなかったり、

 契約した時点で法律的に有効だから、お金を支払わないと、裁判を起こして強制的に回収するぞ、
 と脅しメールを送ってきたりします。


 これに対して、


 対、1個人、として立ち向かおうとしても、多勢に無勢。


 丸め込まれて終わり、になってしまいますね。


 まずは、国民生活センターに連絡しましょう。

 局番なしで、188、に電話すると、近い場所の国民生活センターの窓口を教えてくれます。


 なお、

 ”消費者センター”だと勘違いしないようにしてください。

 ”国民生活センター”が正しいです。



 なぜなら、”消費者センター”でネット検索して一番上に出てくるのは、
 詐欺業者、だからです。

 返金手伝いします、と言いつつ、更にお金を騙し取ります。


 国と地方自治体が設置しているのは、国民生活センターですので、お間違えなく。



 次に相談すべきは、ASPですね。

 決済代行会社です。この場合は、インフォカート株式会社、でしたので、

 教材の作者と、直接連絡を取れる立場にあります。


 過去には、警察が入って、ASPに情報公開開示請求を行い、強制的に返金させた事例もありましたが、


 今回は、

 国民生活センターにすでに通報して、警察が動く手はずになっている、

 ということと、場合によっては、裁判も辞さない、という態度と、

 国民生活センターに、出来る限りの証拠を提出したことで、

 相手にされない、マネーホーク事務局 vs 1個人、ではなく、

 相手にとって脅威の、マネーホーク事務局 vs 国、警察、司法、という図式に持っていったことで、

 返金せざるを得ない状況になった、

 と考えられます。



 こういう事例がありました、という紹介でした。

 参考になる方が、少ないことを祈ります。

記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。