ヤスです。
(*´ω`*)


巷で、テレビ等でも話題になっているのは、

やっぱり、仮想通貨(暗号通貨とも言う)、ですよね。

かなり一般認識も高まりつつあります。



世間的には、暗号通貨、と呼ぶほうが多くなってきているかもしれないですが、

暗号=極秘でアヤシイイメージなので、

あえてここでは、仮想通貨、と呼びます。




何と言っても、ビットコインが有名ですが、

2009年に出来たビットコインを1コイン1円で買った人は、

今は7万円以上になっているので、

当時1万円で買った人は、一切ソノアト何もせずに、
7億円を手にしたわけです。



ビットコインに続く、お化けコインは、果たして出てくるのか?



花山慶治 カルダノプロジェクトのカラクリは?





URL
http://adb-ss.com/lp_1/


この他にも、別のLPが存在します。




URL


http://adb-ss.com/lp_2






URL


http://adb-ss.com/lp_3/





特定商取引法表示
提供者 株式会社アドバンス
運営責任者 花山慶治
所在地 大阪府大阪市西区新町1-7-22-501
TEL:080-8502-7161
連絡先:(株)アドバンス
商品に関するお問い合せ先 cardano@adb-ss.com
表現、及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。





エイダコインっていう物があるのをご存知でしょうか。



今は、”モノ”と表現しましたが、

現在、仮想通貨は、”モノ”としての扱いなんですね。日本の法律では。

”通貨”じゃないんで、購入するのに、消費税が掛かるんですよ。


しかし、国もバカじゃないんで、

仮想通貨をちゃんと通貨として認め、
代わりにちゃんと資産としてカウントして、税金を徴収しよう、と

法律を整備している途中です。


近いうちに、仮想通貨は、ちゃんと法律的にも、通貨として認められて、
資産価値が確定するでしょう。




仮想通貨は、なぜ、世界中で使われていて、
日本では普及が遅れているのか、


理由は明らかで、


2年前に起きた、マウントゴックス事件。
記憶している方もあるかもしれませんが、

世界最大手だった、東京のビットコイン取引所
マウントゴックスが、サイバー攻撃を受けて、

取引所のすべてのビットコインが消失した、として、

大きなニュースになりました。


これを受けて、ビットコインや、仮想通貨は、サイバー攻撃に弱い、という
勝手な憶測が流れたのですが、

実はマウントゴックスの社長が自分で横領したものだと後から判明し、

ビットコインや仮想通貨は安全である、と証明されたのですが、


それを知らない圧倒的多数の日本人は未だに、

ビットコインはアブナイんだ、と誤解しているんですね。


それに対して海外では事情が違います。


たとえば、中国では、共産主義国なので、

土地などの資産は、国からの借り物、として、

所有が認められない、レンタル扱いで、いつ何時、理不尽な理由で、

財産すべて没収されるかわからない、ということで、

中国で一大富豪になった人がまず真っ先に考えるのは、

いかに資産を、中国国外に逃して、バレないようにするか、なんですね。


最近のニュースでも、パナマ文章というのが出たことがありますが、

パナマなど、企業の税金比率の圧倒的に低い、タックスヘイブンといわれる国に、

ペーパーカンパニーを作って、そこに資産を逃してから、

投資運用してさらに儲ける、これが常套手段だったんです。

香港に行きますと、日本でコンビニを見かけるが如く、

ペーパーカンパニーの権利を売っている店があちこちにあり、

平気で、”◯◯国の会社権利、10万円(日本円換算)くらいで売ります”という看板が
出ているような状態です。


ただ、パナマ文章が出回ってからは、少し沈静化気味になっているようですが、


次に、考えるのは、

世界共通の価値のモノに交換してもっておく、ということです。

有名なのは、金やプラチナですね。

日本円、という通貨は、毎日、価値が変わります。
国の情勢で、目減りしていきますが、

金やプラチナなどは、世界中で共通の価値なので、

国によって価値が変わりません。


それともう一つが、仮想通貨なんです。

金やプラチナにくらべて、圧倒的にお手軽なので、
世界中の富豪が、仮想通貨に自国のお金を変えて持っていれば、

資産を守れる、という理屈なんですね。


よって、今現在も、世界の仮想通貨のかなりの部分を買い漁っているのは、
中国人の富豪が爆買いしているわけです。




ところで、先行しているビットコインは、

日本では全く馴染みが少ないですが、

海外では、ATMで扱えたり、普通にお店のショッピングでビットコインで決済できたり、
全く、日本円、と同等の扱いとなり、

ヨーロッパでは、法律上も、通貨として認められています。


日本でいうところの、JR東日本のスイカやセブンイレブンのナナコと言った電子マネーくらい
結構当たり前に普及して使えているわけです。


スイカや、ナナコは、指定のレジやATM、スマホなどでチャージという現金をカードに入金する操作が行われますが、
仮想通貨は、専用の電子ウォレットサービスやアプリなどを使い、

交換所というサイトを使って、日本円から、仮想通貨(ビットコインやエイダコインなど)に変換して、
自分の電子サイフに入れて持っておく、ようになっているわけですね。


ビットコインでは、世界中ですでに普及が始まっていて、
お店でも銀行のATMでも使えるわけですが、

その他の仮想通貨は、あくまでも仮想通貨としての取引でとどまっているのが現状です。


たとえば仮想通貨を買おうとすると、ビットコインをまず購入して、

仮想通貨同士の交換を行って保持している、とかですね。


エイダコインも、現在は、ビットコインを購入して、それから、エイダコインを購入する、というのが
本来のやり方でして、

手数料がかかっても良ければ、代理店で代わりに円から直接、エイダコインに交換もできます。



エイダコインは、たしかに注目されています。

というのは、


泉忠司氏のドラゴンアカデミーでも紹介されていまして、

関連記事こちら。

泉忠司 人類史上究極の錬金術 (ドラゴンアカデミー高額塾発表)



最初30万円の高額塾で、

Facebook等を使って、アフィリで稼ぐような塾だったのですが、

実は、それらはどうでもよくて、

100万円を払って、エイダコインを紹介する代理店権利、を得ましょう、というのが、

バックエンドだったんですね。


ドラゴンアカデミーにて、100万円を払って、エイダコインの代理店権利を得た人が、

エイダコインを紹介して購入してもらうと、

規定の%(参加者のタレコミ情報によると、1件数千円らしい)を貰えるよ、というモノをやっていたんです。

もちろん、100万円の元をそれだけで回収するには、

かなり大掛かりな宣伝をしなければならず、


元を取るのに時間がかかるのが難点でしたが、

同時にエイダコインを買える権利も、得られて、

さらに購入したエイダコインが、上昇すればあっという間に元を取れる、というのが

セールストークだったんです。


ちなみに、

セールスレターのURLを、

http://adb-ss.com/


だけにしてアクセスすると、花山氏のブログが出てきますが、

記事をたくさん書いているように見えて、

実は2016年10月14日から運営しているブログ、になっていて、2ヶ月くらいしか
ありません。このプロジェクトの為に急遽書いたように見えなくもないです。


しかし、書かれている内容を一通り読みましたが、

非常に的確に書かれているので、ウソではないと思います。


エイダコインは、カルダノというゲームのサイトで使う通貨、として扱われていて、
ゲームやギャンブルの客層をターゲットにしている仮想通貨であり、

CARDANO(カルダノ)とは、
ゲームやコインを動かすプラットフォームのことなんですね。

基本的には、そこでしか使えないコイン、を、一般公開前に、
縁故販売のみで売り切って、価値をあげようという作戦でして、

今もエイダコインの価値は、実際に上昇を続けています。




現在、情報を収集していまして、

更に詳しい情報が分かり次第、

記事を更新しますので、暫くお待ち下さい。




PS.当ブログでは、エイダコインの他に

【森永卓郎も?!】仮想通貨って儲かるの?半年後、9万円が1億円?!当ブログ限定の話。



こちらにて、仮想通貨の情報を、当ブログの趣旨に賛同してくださった方のみ(冷やかし厳禁なので)

オシラセしている案件があります。


こちらも、某有名銀行がバックアップに関わっていて、
国が支援している企業も開発に携わっているなど、

有力なコインで、

現在すでに、VISAカードで、ATM引き出しも可能で、クレジットカードと同様にお店でショッピングも可能になっているという、

現実的に使える仮想通貨、の情報です。


キニナッた方は、こちらもどうぞ。



【森永卓郎も?!】仮想通貨って儲かるの?半年後、9万円が1億円?!当ブログ限定の話。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。