ヤスです。
(*´ω`*)



一般企業に勤務の皆さんのうち、


結構な割合の人たちは、

冬のボーナスが出た!という方も、多いのではないでしょうか。


国家公務員ですと、冬は12月10日(夏は6月10日)と、法律で決まっていて、
地方公務員も、だいたいソレに準じていることが多いですね。

一般企業の場合は、

夏は7月初旬、冬は12月の初旬が多く、12月5日、12月10日、
場合によっては12月25日、

というところもあるでしょう。



さて、ボーナスが出た。

では、その使いみちは!?


ボーナスの使いみち、No1はやっぱりアレ。









参考記事URL(マイナビニュース)

http://news.mynavi.jp/news/2016/11/01/350/



今年も、やっぱり、1位は、


「貯金」

でしたね。


日本人に大昔から刷り込まれた、
日本人マインドでしょう、コレは。

誰もが認めるところです。



地震や災害の多い日本では、

万が一の時に備えて、備蓄するというのが、さも当然ですし、

それは全く間違っていません。


自分の身は自分で守れ、ということですから。

老後になって、困るのは自分ですし、
将来を見据えて、備蓄するのは、

当然のこと。



ただ、外国人の人から見ると、

かなり奇妙に見えるようですね。





私が小学校6年から、中学校3年までの間、

住んでいる地域の新聞配達を行っていまして、


その時に出た給料(もちろん、1ヶ月に1万円ちょっとでしたけど)

を、親がせっせと貯金してくれていたんですね。



その定期預金の通帳が、大掃除していたらひょっこりでてきました。

懐かしいなぁ〜、と見ていると、

そこには、金利4.3%と書いてあるんです。


30年以上前の通帳でしたが、

その次代は、金利が良かったですね。



今はどうでしょうか。

日本の銀行の定期預金の金利。



たとえば100万円を貯金して、

もっとも定期金利の高いのは、

オリックス銀行の0.2%
で、

大手都市銀は軒並み、
三菱東京UFJ銀行などで0.01%

などとなっており、

どのみち、どんぐりのせいくらべで、


超低金利なのは変わらないですね。


一方、物価の上昇率は、

政府と日銀が頑張って、目標2%上昇を目指していますから、


物価は上がる、利率は低い。


ということは、

貯金をすると、
相対的な価値は目減りしていく、


わけですね。


貯金は、損
なんです。



一般庶民の考え方は、

お金の増えない銀行に預ける。



外国人や、

日本のお金を持っている人たちの考え方は、

お金を生み出すところに預ける。




たった1つの、
この考え方の違いだけで、


あなたが、

将来お金の不安が一切無くなって、
アカルイ未来を手にできるか、



将来も相も変わらず苦しんで、
ジリ貧になって

お先真っ暗な人生に堕ちていくのか、




の境目になる、ということなのがおわかりでしょうか。


もう少しハッキリ言うと、


一般庶民は、安全圏にいて、貯金。

チャンスを掴み取る人は、
リスクを十分承知で、情報を正確につかんだ上で、投資に回す。


この差です。


投資には、必ず、何らかのリスクがあります。

リスクと、メリットを両方知った上で、

メリットのほうが大きいと判断したら即断する。


この即断できるかどうかに、
すべてかかっている、というべきでしょう。



日本で、
もっともこの即断が出来る起業家といえば、

ソフトバンクの孫正義社長でしょう。



起業当時は、


従業員3名の前で、みかん箱の上に立ち、

「将来は、豆腐を1丁2丁と数えるように、
 我々は売上を1兆2兆と数えられるようになろうじゃないか。」


と宣言したことが有名ですが、


次々と、有望な企業を買収したり、売却して資金を得て、
次の大物企業を手に入れたりしていますね。


少し前に、中国アリババ株を売却した資金で、

スマホなどのCPUで圧倒的シェアを持つ英ARMを買収して話題になったばかりで、

この時の買収話もたった2週間で決まったと報道がされましたね。


今度は、就任前の次期トランプ大統領と会談して、5兆円の投資を宣言。
米国内の雇用を増やすことを約束してくるなど、


コレと思ったところには、即断で、しかもそれをやりきるだけの執念と努力。


あなたにも、今、それが求められていると感じます。




さて、22日〆切りの、即断が必要な”アルモノ”があるんですが、

実質上は説明と手続きで15日までが限界だと思います。

知りたい方は、

こちらの記事を読んで下さいね。



【12/15まで】仮想通貨って儲かるの?1年後、9万円が1億円?!当ブログ限定の話。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。