ヤスです。
(*´ω`*)



読者の方から、
こんな意見をいただきました。


たぶん、ほとんどの方の、

同じ思いを代弁をしていただいたので、


とてもいい質問を頂いたと感じます。



その質問の内容は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1 お金持ちの人はなぜ稼ぎ続けるのですか?

  
  収入の柱を立て続けるのですか?

  10億円もあれば充分ではないですか?

  終わりは無いのですか?

  墓場までお金を抱いていくのですか?

  お金を稼ぐのが「趣味」なのですか?

  人を騙してまで稼ぐのですか?(例外)


2 お金の亡者は声が大きく

  やかましい人が多い傾向がありませんか?



3 貧乏人がお金を欲しいのはわかりますが

  10億円も必要ありません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

貧乏な人も、お金持ちも、皆苦しんでいる。有無同然







ソレに対しての私の回答を、
そのまま書かせていただきますね。



1.お金持ちの人はなぜ稼ぎ続けるのか。



 自分の生活に必要なお金なんていうものは、

 たかが知れています。

 贅沢をしなければ、とくに1億あれば一生必要ないでしょう。



 まず第1点目、
 騙して稼ごうという人は、一時的に稼げたとしても、 
 あっという間に没落するので、

 実際には、即稼げなくなる人です。


 まともに成功している人、

 つまり、長く継続して稼げる人は、

 それだけ多くの人から信頼を得られている人ですよ。



 人間は損得で動きます。

 「あの人はいい人だ」というのは、
 「”都合の”いい人だ」なんです。



 「”都合が悪くなった”」とたんに、
 それまで仲良かった人でも「あんな悪いやつはいない」

 に変わります。

 多くの人に「都合がいい=喜ばせてもらっている」と
 思ってもらえる人、こそ、

 継続して成功している人です。



 成功している人と、
 いつまでたっても貧乏な人との違いは、

 プラスかマイナスか、

 そのわずかな差だけです。

 

◯自分のことを最優先して、他人のことを知ろうとしない。

◯自分のことを犠牲にしてでも、他人を喜ばせようとする。



 この違いです。



 ビジネスを成功させて10億稼いだら、
 そのビジネスを継続しなければならないんですね。


 たとえば人を雇用している場合は、
 雇用した人を全員守らないといけません。

 その人達の給与を、支払い続けるために、
 会社を大きくしていかねばならないです。

 しかも、
 雇用している以上、役職が上がれば給料は上がるので、

 会社の収益も増やさないと給料を上げられない。


 また、10名しか雇用して救えなかった会社が、

 1万人雇用しても大丈夫な会社にできれば、

 それだけ多くの人を、路頭から救えますね。


 起業家という人たちは、
 名前の通り、会社を起こすのですから、

 地域の人たちを雇用して、
 未来永劫守っていける会社にしなくてはいけない責任があるんですね。




 世界的に有名なサムスン電子が、
 下請け会社のミスでバッテリー発火しただけで、

 大損害を出しますね。

 三菱自動車も、担当者の不注意で、倒産し掛かることもあるんです。

 そういうリスクを見越して、
 現金を常に蓄えていないと(内部留保)潰れて、
 社員全員とその家族を、全員殺すことになる。

 内部留保を給与に回せ、というような短絡的な
 見方をする人が世間には多いですし、

 民主党や共産党なんかは、そういう人ですよね。


 それは、つまり、社員の給与を上げれば、
 会社を潰れやすくして、リスクに対応できなくなって、

 結果的に全員解雇となることにつながるので、

 内部留保したくてやっているわけじゃないんですよね。


 そうならないように、
 経営者というのは、皆必死にやっているんです。

 社員全員の命を預かっていますし、ミスして全員解雇、となれば、

 社員の恨みを買って、暗殺されかねない。

 餃子の王将の会長のように射殺される事例さえある。

 そんなビクビクヒヤヒヤの中、必死に戦っているのが
 会社の社長、というものです。



 当然、その対価として、報酬を堂々と得ているんですし、

 多額の報酬を得られるから、

 みんな私もお金持ちの社長、そうなりたい、と向上心が生まれるんですよ。



 最近の20代は、”社長になりたい”という意識の人が、過去最低で、

 なんとか生きていけさえすればいい、
 という意欲の低い人が多くなっているようです。



 たとえばアルバイトの店員が、ふざけて、
 アイスのケースに寝転がってインスタに

 載せようものなら、
 炎上して社長が謝罪するでしょ。
 そして直接関係ない社長が引責辞任させられる。

 裁判で責任を訴えられる。


 社長とかになったら大損する、

 責任取ってマスコミの前で謝罪をして、辞めるだけの人、
 というイメージなんでしょうね。


 だから、向上心が低くなっているので、
 途上国の中国人に全部やられていくんです。



 私も、あーいう社長になりたい、と思えるような、

 そういうカリスマ社長、みんなから慕われる人、というのは、

 なかなか少ないんで、誤解されているところがあります。


 お金持ちというのは、それだけ多くの、人をひきつけるからこそ、

 多くの人が、お金を持って寄ってくるんですね。

 

 これがまず第1点。



 ところで、

 お金持ちの人は、税金だけで半分近くもっていかれます。

 1億なら所得税だけで4000万円。他の税金も含めると
 もっとでしょうね。

 20万円の給料の人の感覚でいえば、
 10万円もっていかれるわけです。


 当然、節税しようと考えるのは当たり前のことです。

 経費で落とせる車等に、
 お金を掛けて高級車を買うのも、その一貫で、

 見せびらかしたいから、という理由ではないんですよ

 (中にはそういう若造もいますけど)


 基本的に、苦労を知らなくて、
 いきなり億万長者になってしまったような人は、

 あとで自滅しますから、ほっておけばいいです。


 苦労してお金持ちになった人の成功体験は、


 マネをすれば、

 あなたもお金持ちに近づけるということです。



 無料オファーというカタチで、
 流れてくる20代、30代で成金、という人は、

 大体、苦労してお金持ちになった、わけじゃなくて、


 中身が無いのに、宣伝費用で100万円以上のお金を払って、
 日本一すごい人っぽく勝手に宣伝されて、

 表舞台に立たせられている人、というのが、数多く居ます。

 利用されているだけのかわいそうな人です。
 だから1回だけ表に出て悪評が出回って、
 それ以降、ピタッと出てこなくなる。



 ソフトバンクの孫正義社長、

 ユニクロの柳井会長、

 アップルの元CEOスティーブ・ジョブズ、

 マイクロソフトのビル・ゲイツ、


 それら、ホントウにスゴイ人の考えを学ぶのは、有益ですよ。


 スティーブ・ジョブズなんかは、
 アップルからは年間1ドルしか給与もらってなかったそうです。


 ビル・ゲイツは、財産の多くを、
 財団を立ち上げて慈善事業に寄付してます。

 それによって救われている人が、
 どれくらいあるでしょうか。



2 お金の亡者は声が大きくやかましい人が多い傾向

 とのことですが、

 お金持ち=お金の亡者、とは限らないということです。

  

 自信をもっているから、
 声が大きいのはアタリマエのことですね。 


 お金持ちでない人は、
 成功した体験がないから自信がないんで声が小さくて当たり前。



 「自信無いけど、私の言うことを聞いてください」
 という人がいるでしょうか。

 誰も聞かないでしょう。


 声の大きい人が目立つんで、自信がある、と思う。

 そこへ人が集まって、

 結果的にその人がお金持ちになっていく、そういうものです。


 トランプ大統領もそう。非難を受けても、絶対に信念を曲げない。
 声が無茶苦茶デカイ。世界中に轟いているから、影響力が大きい。

 
 支持者が、反対派より、多いんですよ。



3.貧乏人がお金をほしいのはわかりますが
 10億円も必要ありません。

 

 自分で生活するだけなら、1億でも十分です。


 1億って、軽くいいますけど、


 年間1億稼げる人という段階で、


 プロ野球選手並みに、多くの人に感動を与えた人、ですよ。


 プロ野球選手の見えない部分での練習は、よくご存知でしょう。

 すべてのことを犠牲にして、野球にすべてを捧げて、

 見ているファンを喜ばせて、1億円をもらうんです。
 しかもほんの一握りの人だけ。


 どれだけスゴイことでしょうか。

  

 まして


 10億必要ありません、

 という宣言であれば、

 10億もらえるほど、
 多くの人を私は喜ばせる自信があります!

 という宣言になります。


 何千万人、あるいは何億人という多くの人を喜ばせた結果、
 毎年10億もらえる人になれます。

 10億を稼ぐんじゃないんですよ。

 何億人の人が、喜ばせてもらった見返りに10億分
 あなたに届けるんです。


 いかがでしょうか。

 これで、明るい未来へ一歩近づけるように思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お金持ちは、お金持ちで、全く違う苦労をしている
ということを、知らないといけないです。



お金のない人は、お金のないことで苦しみ、

お金のある人は、お金のあることで苦しむ。


お金のない人は、鉄の鎖でしばられて苦しんでいるようなもの。

お金のある人は、金の鎖でしばられて苦しんでいるようなもの。



苦しんでいることには変わらない、

有無同然である。



大無量寿経(だいむりょうじゅきょう)という、
仏教の経典にも”有無同然”と書かれていて、


2600年前のインドのお釈迦様のときも、

現在の日本も全く一緒ですね。



苦しみの根本的な原因は、他にある、

ということなんです。


だからこそ、


お金さえアレば幸せですか?」


と、常に問うています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS.  ここからは宣伝です。

そうはいっても、お金が無くて苦しいのは、

苦しいには違いないです。

お金がない人は、
お金があるようにしなくてはいけないです。


お金があった上で、

お金が目的で生きているんじゃないよ、

というのが趣旨です。


手っ取り早く、お金を稼ぐには、

いくつか方法がありますが、

その一例として、

ずっと昨年からオススメ殿堂入りしているのが、

   ↓

http://realshozai.jp/blog-entry-246.html


まずは、稼げるようになる。


その上で、
自分だけでなく、

他人も明るくさせるだけの
人間に生まれ変わってほしい、という

願いを込めて、

毎日メルマガを書いています。


この思いが、読者の姓様にも
届きますように。


メルマガ登録がまだお済みでない方は、

こちらからどうぞ。



http://realshozai.secret.jp/lp


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。