ヤスです。
(*´ω`*)

・・・。

・・・・・・。

(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!



すでに手遅れか・・・。




果たして、一体何があったというのか!!!!

クルテルワンから、どんどん独立して離れていっちゃうよ。株式会社WOSS






URL

http://secret.krtr-art.com/lp/woss/?p=p000011




特定商取引法表示
販売業者 株式会社K.RTR クルテルワン
所在地 神奈川県茅ヶ崎市浜須賀2-5
電話番号 0467-50-0400
販売価格 無料
お支払い方法 無料でのご提供の為、お支払いは必要ございません
商品代金以外に必要な費用 必要なインターネット通信費などはお客様でのご負担となります
返品・交換・キャンセル等に関する記述 無料提供ですので、返品・交換はお受けしておりません
表現、及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません


メールアドレス登録後の動画1話目



わずか5分以内に、決断を迫られるカウンターを準備して、
ゆっくり考える暇を与えない、このオファー。


まぁ、5分で十分でしょうね。

私達のような、詐欺まがいを警告するブログを
検索されないように、

5分以内に、セールスレターを隅から隅まで読まないと、
迷っている暇はないわけです。


ネットで検索を掛けると、クルテルワンというのは
すぐに出てきますから、


まったく新しい会社の社長として、独立しなければ、
評判が悪くなってしまうのが常。


というわけで、例に漏れず、

クルテルワンから独立する、と宣言し、

株式会社WOSSを立ち上げる、本荘大和氏。




本上大和氏の過去記事こちら。

http://realshozai.jp/?q=本荘大和


メールアドレス登録すると、さらに2時間のタイマーがまわり出します。




クルテルワンの生みの親、

小西玲太朗氏自身も、クルテルワンから独立し、海外移住したと宣言していたのに、

また日本に戻ってきてクルテルワンの代表責任者をやっていますし、


前回記事
【狂ってるワン】クルテルワン アフィリエイトパートナー候補生募集って、ヤヴァなのか?島津 啓史


今回もクルテルワンが、本荘大和氏の今回のキャンペーンを、
大々的に宣伝をしているので、

(特定商取引法表示が、クルテルワンKRTRになっている)


本来なら、会社を見限って独立しようとする人を

前の会社が応援するというのは、

通常アリえないこと。


会社を設立してから、メンバーを募集するのが普通ですよね。


会社を設立するから、メンバー募集、というのは、
聞いたことがありません。



ところが、この業界では、

同じ会社の同じ部屋の中に、いくつもの会社が混在していて、

1人1人が、別会社の代表を名乗っているのは、

ごく普通のことですし、相互に協力して宣伝を行うのは、

常識なので、

実態はクルテルワンとイコールかもしれません。

事実、今回のオファーの特定商取引法表示(オファー主)は
クルテルワンそのものですからね。


WOSSの住所が現時点では公開されていないので、
まだ、もちろん何もわかりません。



本荘氏は、クルテルワンの重役のはずなので、

新しい新会社WOSSを立ち上げる、ということは、

小西氏や大森氏を裏切って立ち上げる、
ということにほかならないはずなのに、

小西氏を、最大限褒め称える内容の記事を、書いていますね。
かつ、クルテルワン自体が、独立を後押しする。

こんなことは、他の業界では非常識極まりない話です。



クルテルワンが順調であれば、
なぜ、独立しなくてはいけないのか?


以前、安藤さんという人が取締役でしたが、

彼から、クルテルワンにはもう関わっていないので記事を削除してくれと

依頼が来たことがアリます。


次から次へと、幹部級の人が、独立していっている
クルテルワンは、空中分解寸前なのか?


実態は、そうではなく、


自己ブランディングの為には、

それぞれの人が、独立した会社を持って、社長、になる必要があるんです。


クルテルワンの代表は、あくまでも小西氏と、大森氏。


本荘氏が、”日本一になるため”には、

独立して、クルテルワンが応援する格好にならねば、
ならないんですよね。


クルテルワンは、もともと、
ネットビジネスで成功する人をプロデュースする会社です。


つまり、次の世代の、本荘大和氏になる人を、探しているんで、

あなたが本気で、本荘氏のようになりたければ、それ相応の覚悟を持って、

参加されるといいでしょう。


記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。