ヤスです。
ヮ(゚д゚)ォ!



今日は、超興奮の赤!


何しろ、スゴイことを聞いてきたよ。


ベネフィットクレジットコインとは・・・








私の地元で、クレジットコインの実質的総責任者の人が、

セミナーを行うということで、

参加してきましたよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


仮想通貨(もしくは暗号通貨、ともいう)が、

非常に注目を集めていますね。

そして、2017年は、まさに日本における仮想通貨元年、


となっており、


仮想通貨の法律が、4月から施行されているのを、


ご存知の方も多いかと思います。


簡単に言うと、


この法律により、


今までは、モノ扱いだったのが、

通貨、と等しくなり、


仮想通貨は、FX等で扱われる通貨と、

ほぼ等しい扱いとなります。



仮想通貨の取引所もまた、

FXの証券会社とほぼ等しい扱いとなり、



複雑な各種免許申請を金融庁に行い、

認可されないと、取引所として認められず、


そこで扱う仮想通貨の、取引高等を、
細かく、毎月報告をしなくてはいけない、


資本金は5000万円以上でなければならない、


その他、非常に厳しく細かい規制がかかっており、


金融2種に相当する厳格な、透明性の高い運用が

求められるようになったんですね。



金融2種というのは、


野村證券なみ
、と言えば、それで十分おわかりかと思います。



以前に、マウントゴックスの社長による、ビットコインの横領事件があったのを

ご存知の方も多いかと思いますが、


社長が勝手に持ち出すような、
ああいうことが絶対にできないように、


取引所自体がブロックチェーン技術により、

一切の改ざんや不透明取引や、盗難や書き換えなどができないように


取引が全部透明化されて、安心安全、と認められた、


日本で唯一の仮想通貨取引所が、



東京ゲートウェイ株式会社、なんです。


まだ、日本では、東京ゲートウェイ以外に

ブロックチェーン技術を取り入れることに

成功しているところは他にありませんので、

最も、公平透明性の高い取引所、となっています。



その東京ゲートウェイで取り扱われるコインも、
当然、金融庁に認められていなければなりません。



実質的に、それ以外の仮想通貨、と
謳っているモノすべては、

違法コイン、と認定されたようなものです。


非常にリスクが高い、金融庁が認めないコイン、

というレッテルが貼られたような状態になるわけですね。



ネット上では、クレジットコインは危ないという
自称専門家による勝手な憶測が、

いくつも存在していますが、

そもそも、自称専門家=部外者なので、

これらの情報を一切知らず、

確認もせずに、


金融庁が認可しようとしているコインなのに、

デマを流している人が、大勢いる、ということになります。

金融庁と、デマを流す人と、どちらを信用しますか?



また、

日本の法律は、非常に規制が多いため、

海外の直接投資案件、として、
勧誘しているコインが相当たくさん出回っております。



それらは当然、日本の法律の対象外、になりますので、


値上りする、可能性がゼロではないでしょうが、

リスクもそれだけ当然多くあるということです。




いきなり1円が100円になったとか、

急激に値上りして、実際には取引できる準備ができませんでした、

破綻する前に、お金を借りてしまって自転車操業、

ハイ、夜逃げ〜  昨日まで100円が今日は1円、

という、急騰、急落するような、

ギャンブル性の高いコインは、



金融庁が一切認めませんので、


ベネフィットクレジットコインも、

そうならないように、

静かにジワジワ自然に値上りしていく、
というのを目指していますので、


非常に堅実な仮想通貨、といえます。


急激に高騰もしないし

急落もしないように、


コントロールできるだけの内部留保を、

会社内で確保して準備するなどの、


リスクヘッジも、金融2種会社には求められるので、

そのあたりの準備も、万端になっているとのことでした。




なお、東京ゲートウェイは、

3月末までは、東京JPY株式会社、という名前で、

世界第3位のリップルコインを扱う取引所でしたが、


日本の仮想通貨の法律を遵守するためには、


ビットコインと同等の、
改ざん等が一切できない、ブロックチェーン技術を

備えなくてはならず、


リップルコインだけではなく、

ビットコイン、イーサリアム、など主要コインも扱う、


総合取引所として、

東京ゲートウェイ株式会社として、
生まれ変わることになったんですね。

(4月現在は移行期間中です)


東京ゲートウェイは、もともと

すでに月間25億円の取引量を誇り、

仮想通貨の取引実績が豊富で、
運営ノウハウがすでにありました。




なお、他の取引所で、出来高100億円、というような謳い文句の
取引所も存在しますが、


システムで自動的に売り買いを行なって、出来高を多く見せるやり方を

しているところがあるので、


そういう小細工無しで、


顧客との入金と、払い出し、だけの実質取引量で

月間25億円というのは、


世界No1であると、されています。


その東京JPY→東京ゲートウェイに社名変更されるにあたり、


ビットコイン、イーサリアム、リップルコイン、


と並んで、一緒に取扱になり、


新規のコインとして上場扱いになったのが、


今回紹介する、ベネフィットクレジットコイン(略称BCC)なんです。



東京ゲートウェイのホームページはこちら。

http://www.tokyogw.com




このページを、ほんの少しだけ下にスクロールさせると、

ベネフィットクレジットコインのPR広告が出るのがわかります。







すでに、東京ゲートウェイの取引所では、

BCCがチャート上に現れて、

技術的には取引可能な状態にまで進んでいます(4月現在)






ベネフィットクレジットコインは、


4月からプレオープンの準備期間、

5月からグランドオープン、となっており、



5月には、ベネフィットクレジットコイン、も

一般購入が可能となります。



つまり、現時点で判明している、


金融庁が認めている取引所と、

その流通コインとしては、



現状、日本で唯一、オンリーワンの仮想通貨、となっており、


また、今後も、当面の間、


独自の仮想通貨を作って独自の取引所を作ろうという人があっても、

金融庁が、まず認可を降ろさない、


ということで、

日本で流通する正規の仮想通貨= ベネフィットクレジットコイン、



という図式が、当分の間、成り立つことになりそうです。



なお、東京三菱UFJ銀行などが、独自の仮想通貨を発行する、という
ニュース等をご存知の方もあると思いますが、


あれらは、1コイン1円、というように、レートを固定してしまっていて

1コインの価値が変わることがないコインなので、

電子マネーの置き換え、ということになりますね。



いわゆる市場取引が可能で、


価値が変わる、

上昇する可能性のあるコイン、

としては、



すでに値上がってしまっている
ビットコインのようなコイン以外では、


ベネフィットクレジットコインが、日本では唯一である、

という状況なんですよ。



なお、東京ゲートウェイは、

すでに、

イギリス、ブラジル、中国の、現地の有名取引所と、相互接続されており、

インド、フィリピンの現地取引所の開設準備も進められています。



東京で、すごい人気がある仮想通貨があるぞ、

ということになって、世界の人が認知するようになってくれば、

さらにスゴイことになるでしょう。



ベネフィットクレジットコイン、いかがでしたでしょうか?



これだけを聞いただけでも、期待大ですよね。



さらには、開始から1年間は、毎月1%づつ、ボーナスがつく、という特典があります。

(50000コイン以上所持の方)



たとえば50000コイン、であれば、500コインが、毎月付与されます。

何もしなくても、所持しているだけで、ボーナスがある、というのは、
それだけでオトクですよね。


(※1年毎にボーナス%の条件は更新されます)




ビットコインであれば、すでに10万円持っていても1コインすら買えないほど

価格が高騰していますが、

ベネフィットクレジットコインは、1コイン1円スタートで、

しかも最初は、買い、しか存在しないわけですよ。


この差が、どれほど大きいのか、勘のイイ方ですと、すでにおわかりでしょう。




キニナッタ方は、

こちらのリンクより、

詳細な情報&最新情報をメールにて送りますので、

登録してくださいね。



※iCloudメール、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアメール、

AOLメールなどは、最初から受信拒否設定になっていることも多く

届きにくいので、GMAILや、その他普段使っているメールアドレスを

登録してください。



※登録氏名に、「あ」とか、「aaaa」などといった、

ふざけた名前を入力された場合は、自動的に解除しますので、

本名の入力をお願いします。





http://form.os7.biz/f/e793ff9f/



記事が気に入ったら、下記ボタンをクリックで
応援シェアを、おねがいします。
(*´艸`*)


詐欺商材に騙されない為のセオリー


ホンモノに対して、
ニセモノと、ウソモノがあります。


ニセモノ=ホンモノに似せてあるが、実現不可能なもの。


ウソモノ=存在そのものがウソ。犯罪。


ニセモノのほうは、
ノウハウは正しいのに、
再現できない、
稼げない情報商材です。

初心者にはあまりに難しい専門用語の羅列と、
誇大すぎ広告との落差に愕然とし、

大金を払ったのに
挫折せざるを得ないことになります。

運営の仕方、情報提供ノウハウがあまりに稚拙で雑。
お金は払ったが対応されず、結局思うように稼げない。



ウソモノは、存在そのものがウソ、で犯罪。
大金だけせしめて音信不通になります。



ウソモノはさすがに少ないですが、

情報商材の業界の
9割はニセモノ

といわれています。

あまりにニセモノが多すぎて、

本当なら稼げるホンモノ情報が埋もれてしまう、


そんな環境を変えるべく、

すでに実績のあるアフィリエイターの方々に

教えを請うてブログをはじめました。


 このブログを読んで下さった方は、

少なくとも、これからネットを使って稼ぎたい、
もしくは、すでに詐欺商材に騙されてしまった、
どちらかで間違いないと思います。

そんな方を、とことん応援していきます。


ところで、私は結構最近まで、
家電量販店の店頭にて

パソコンの修理、サポートするが仕事でした。

こちらの記事もどうぞ読んでみてください。
パソコン修理しながら、3000万円売ってました。

”もしもし、
先日、おたくのお店で買ったパソコンが
インターネットにつながらないんだけど、
教えてくれる?”


こういう問い合わせは日常茶飯事。
もちろん、電話を片手に、色々と状況を聞き出すのですが、

見えない画面を想像しながら、
相手を誘導して操作させていくのですから、

サポートできるほうが不思議です。

この実体験から、

”初心者でもカンタン”

”1日たった5分の作業で”

”出来るようになるまで徹底サポート”


が、どれだけ真実味が低いかを、身を持って理解しています。


こういう謳い文句の情報商材があれば、

まず疑ってかかったほうがいいでしょう。
あくまでも、

自分である程度調べられるだけの覚悟と、
それ相当の時間と、
労力をかけないと、


ネットで稼げることは出来ません。

そのことを大前提にした情報商材だけが、

ホンモノと言えるでしょうね。


当方で極上オススメしているホンモノは、こちら。

http://realshozai.jp/blog-category-8.html

これからも、
長年に渡り、初心者を相手に、
パソコンサポートを仕事にしてきた筆者の目から、

毎日増え続ける情報商材を検証、

そしてメッタ斬りにしていきます。


2度と騙されたくない方、
堅実に稼ぎたい方、

本当に稼げる商材を紹介いたしますね。
お気軽にお問い合わせ下さい。


なお、お問い合わせの際には、
お呼びする、お名前
すでに実践済み、もしくは、騙された商材名(あれば)
どんなジャンルに関心がある
月収いくら目標にしたいか
その他お悩みごと何でも

などを一緒に記載のうえ、こちらからどうぞ。
(メールソフトが起動します。パソコン設定等でうまくいかない場合は、ページ右側にも、メール投稿フォームございます。)



メルマガ好評配信中

ニセモノに引っかかる前に、見抜き方を教えます。

リンク先からどうぞ。
【※THEホンモノタイムス】詐欺まがい情報商材見抜き方マニュアルプレゼント中。